TOP > ニュース

【K-1】無敵王者ゲーオに挑む山崎「中入ってドン」

2017/04/21(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

2年半ぶりの再戦となる王者ゲーオ(左)と挑戦者・山崎(右)

 4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館にて開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~』の前日計量&記者会見が、21日(金)都内にて行われた。

 第11試合でK-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチを争う、王者ゲーオ・ウィラサクレック(WSRフェアテックスジム)は64.7kgの300グラムアンダー、挑戦者・山崎秀晃(KREST)はリミットちょうどの65.0kgでそれぞれ計量を一発クリアーした。

 両者は2014年11月に初代王座決定トーナメント1回戦で対戦し、ゲーオが判定勝利。昨年9月にタイトルマッチでの再戦が組まれたが、ゲーオが病気のため欠場して中止となり、今回改めてタイトルマッチとして再戦が実現する。

 山崎は「2年半ぶりにゲーオとこうしてリングで決着をつけられるのでワクワクしている。今まで僕を応援してくれた仲間、家族、ファンに感謝してリングに立ちたい。みんなありがとう」と、感謝の気持ちを挨拶で述べる。

「今回の試合はリベンジを超えた戦いになる。新生K-1が始まってからたくさんの人に応援してもらっているし、その人たちのおかげで競技生活が送れているので、その人たちを笑顔に、幸せにしたい」と多くの人たちの想いを背負って戦うとした。

 対するゲーオは「身体の状態は100%。先月タイで行われた軍のムエタイトーナメントで優勝して金メダルを取りました。2014年に自分の優勝で新生K-1がスタートしたので、この一区切りを自分の勝ちで締めくくりたいと思っている」と、新生K-1の聖地であった代々木第二体育館が改装工事に入るため、旗揚げ戦で初代王座に就いた思い出の会場でのラストマッチを勝利で飾りたいとコメント。

山崎は黄金のベルト奪取の意気込みをかけて、金のトゲが生えた靴で会見に出席

 山崎が今回の作戦は「中入(なかはい)ってドン、とやる。楽しみにしておいてください」と非常に抽象的に表現すれば、ゲーオは「自分は全力を尽くすだけです。自分のスタイルでやるとしか言えません」と冷静に答えた。

 また、山崎は金色のトゲがたくさん装着されたユニークな靴を履いて出席。「ゴールデンフィスト(山崎のキャッチコピー)にも金色のベルトにも、いろいろな意味を込めてファッションの一部として履いてきました」と、靴にもタイトル奪取への意気込みを現していた。

●編集部オススメ記事
・山崎秀晃、打倒ゲーオへ闘志全開「リベンジの次元を超えている」 
・軍隊大会を制したゲーオ、防衛戦にも自信満々
・2014年11月のゲーオvs山崎初対決

【大会・チケット情報】 4・22 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース