TOP > ニュース

【修斗】宇野薫17年ぶりの修斗王座返り咲きへ「気持ちの伝わる試合をしたい」

2017/04/22(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

キャリア21年、UFCを始め様々な大舞台で活躍してきた大ベテラン宇野が大勝負に挑む

 4月23日(日)千葉県・舞浜アンフィシアターにて開催される『プロフェッショナル修斗公式戦』で、修斗世界フェザー級王者・斎藤裕(さいとう・ゆたか/パラエストラ小岩)に挑戦する同級1位・宇野薫(UNO DOJO)のコメントが主催者を通じて届いた。

 宇野は、1996年のプロデビューから、修斗、UFC、HERO’S、DREAMを舞台に活躍してきた41歳の大ベテラン。2012年にDREAMから修斗に復帰すると、6連勝を収めて2015年1月に環太平洋王座戦に挑戦したが、中村ジュニアに敗れた。続く大澤茂樹戦でも黒星を喫して2連敗となったが、昨年4月の再起戦で一本勝ち。今回、約1年ぶりの試合で、世界王座に挑戦することとなった。

「MMAの試合からは離れていましたが、常にトレーニングや練習は続けていましたし、ZSTのグラップリングマッチに出場したり、柔術(IBJJF主催)のアジア選手権に出場したり、色々なことにトライしていたので、あっという間の1年だったかなと思いますね。MMAの試合が1年ぶりという不安はないです」と宇野。

 最近ではメディテーション(瞑想)を取り入れたり、青木真也のプライベートレッスンも受けたりしたという。

「自分に合うのかどうかも含めて、やってみたいなと思っていたところで、指導していただける方と出会えたり、青木選手に関しても(プライベートレッスンを)お願いしたいと思って、それを了承してもらってという形です。変わりたいと思ってやっているので、それを試合で出せるかどうかだと思います。変わったところを少しでも試合で見せられたらいいなと思いますし、変わらないと強くなれない。変わらないとこれから生き残っていけないし(格闘技を)続けるという部分でも勝たないといけないし…いろいろなことにつながっていくと思います」

昨年4月大会で、スリーパーによる一本勝ちを収めた宇野(下)

 王者・斎藤については「彼の方がランキングも上でしたし、僕のランキングが上がっていくに連れて、彼の試合を間近で見るようになって、彼の強さを感じていました。打・投・極のバランスが非常にいい選手ですよね。打撃のスピードがありますし、その打撃に関してもパンチ・蹴り・ヒザを使うことが出来て、そういった武器も持っている選手だと思います」と評する。

「ベルトは強さの象徴や称号だと思っているので、格闘技をやっている以上は常にチャンピオンになりたいという気持ちでいます」と、2000年12月に返上した修斗ウェルター級王座以来の修斗タイトルを手にしたいという宇野。

「いつも通り、宇野薫らしい気持ちの伝わる試合をしたいです。そして細かいところで『宇野、上手いな』と思ってもらえる試合を見せたいです。そして今回はメインイベントということで、僕はチャレンジャーですが、メインの役割を果たして、お客さんに満足して帰ってもらいたいという気持ちもあります。斎藤選手は強い選手なので怖さもありますが、自分がトライしてきたものをどう出せるかが自分でも楽しみです。今までやってきたもの、そして自分がトライしてきたものを出したいと思います」と、21年にも及ぶプロキャリアの集大成を見せることを誓った。

●編集部オススメ記事
・宇野薫、2年ぶりのタイトル挑戦が決定 
昨年4月大会で一本勝ちを収めた斎藤と宇野

【大会・チケット情報】 4・23 サステイン「プロフェッショナル修斗公式戦」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック