TOP > ニュース

【ムエタイ】梅野源治のラジャダムナン王座初防衛戦、挑戦者が決定

2017/04/30(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ついに挑戦者が決まったラジャダムナン王者・梅野。敵地での防衛という至難の業をクリアーすることが出来るか

 5月17日(水・現地時間)タイ・ラジャダムナンスタジアムで行われる、ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者・梅野源治(PHOENIX)の初防衛戦の挑戦者が決まった。

 挑戦者はラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級3位&プロムエタイ協会同級1位のサックモンコン・ソーソンマイ(タイ)。185㎝の長身で首相撲から繰り出すヒザ蹴りが得意だという。

 サックモンコンの試合映像を見たという梅野は自身のSNSにて、「2試合はヒザでKOしていた。やるかやられるか。最近は忘れかけてたけど自分の昔の試合動画を観て思い出した。危険な香りがしてイケイケだった頃のスタイル+今のテクニックを合わて必ずラジャダムナンのベルトを防衛してくる」と、意気込みを語っている。

 梅野は昨年10月23日、レベルスのリングでラジャダムナン王者ヨードレックペットに挑戦し、本場タイの人気選手であるヨードレックペットを判定3-0で破り、ムエタイ最高峰の同王座を獲得。ムエタイ500年の歴史の中でタイ人以外の外国人王者では7人目、日本人では6人目となる快挙を達成した。

 敵地での防衛は困難を極める上に、梅野は4月の『KNOCK OUT』で本場タイの超一流選手であるロートレックに判定負け。右腕の上腕二頭筋が筋断裂、左耳の鼓膜も破れるという傷を負った。その後、驚異的な回復力で練習を再開したが、コンディションに不安が残るところだ。

 ラジャダムナンスタジアムの日本人ライト級王者は、世界で初めてタイ人以外の同スタジアム王者となった藤原敏男以来2人目(1978年)。梅野が38年ぶりに日本へ王座を取り戻したことになる。その藤原はラジャダムナンスタジアムでの初防衛戦で、同じく長身で首相撲からのヒザ蹴りを得意としていたシープレー・ギャティソンポップ(タイ)に敗れてベルトをタイへ取り戻された。梅野は鉄人・藤原が果たせなかった夢を実現させることが出来るか。

●編集部オススメ記事
・梅野のラジャ防衛戦に赤信号、ロートレックとは再戦望む
・ロートレックがムエタイの底力発揮、梅野敗れる
・梅野が日本人6人目の快挙、ラジャ王座を奪取
・梅野源治、ラジャダムナンでの初防衛戦が決定 
【試合動画】梅野、ラジャダムナン・ランカーを豪快KO
【試合動画】梅野が快挙、ムエタイ二大殿堂統一1位をTKO葬  

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む
の続きを読む



TOP > ニュース

イベント日程
2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック