TOP > ニュース

【DEEP】最強挑戦者迎え撃つ大塚「これはタイマン」

2017/05/12(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

王者・大塚(左)は2度目の防衛戦。プロ9戦無敗の最強挑戦者・石司(右)を迎える

 5月13日(土)東京・ディファ有明で開催される『DEEP CAGE IMPACT 2017』の前日計量が、2日(金)12:30より都内にて行われた。

 メインイベントでDEEPバンタム級タイトルマッチを争う、王者・大塚隆史(T-GRIPSTOKYO)はリミットちょうどの61.2kg、挑戦者の石司晃一(フリー)は61.1kgでそれぞれ計量を一度でクリアー。

 トレードマークの金髪ではなく黒髪にした大塚は、いつにも増して精悍な表情。「減量は問題なかったです。もうベテランの領域に入っているので特別な緊張もなく、リラックスしているけれどいい緊張感とプレッシャーを感じていますね」と落ち着いた様子でコメントする。

精悍さを増した大塚はリミットちょうどの61.2kgで計量をクリアー

 挑戦者の石司については、「以前はストライカー(打撃主体のスタイル)だと思っていたけれど、テイクダウンのディフェンスも寝技もちゃんと出来るトータルファイターになってきている。強い相手だと思っています」と評価するが、「でも、今まで彼が勝ってきた相手と俺は違うぞ、と言いたい。確かに強いかもしれないし、連勝もしているけれど、誰に勝ったの? って話で。彼が勝った相手にも俺は圧倒している。俺とはレベルが違うと思っています」と、絶対の自信を持つ。

 石司は新世代のエース候補としてDEEPからも大きな期待を寄せられている選手だが、「新しい人が出てきた方が面白いかもしれないけれど、俺はこんなところで負けられない。防衛戦だからとかタイトルマッチだからとかではなく、これは1vs1のタイマンじゃないですか。男と男のルールある喧嘩だから単純に負けたくない」と、“タイマン”には男として負けたくないと語る。

 その上で、「この試合は僕も楽しみ。やったことがないし、強いとの評判を聞いているので。先のことを考えられないくらいこの試合に集中しています」と試合が待ち遠しい様子だった。

●編集部オススメ記事
・大塚隆史が9戦無敗最強の挑戦者を迎え撃つ 
・大塚がモンゴルからの刺客をチョーク葬

【大会・チケット情報】 5・13 DEEP事務局 「DEEP CAGE IMPACT 2017」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース