TOP > ニュース

【DEEP】世界で活躍の水野「絶対にフィニッシュする」

2017/05/12(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

計量を終えてフェイス・トゥ・フェイスでにらみ合う水野(左)とパク(右)

 5月13日(土)東京・ディファ有明で開催される『DEEP CAGE IMPACT 2017』の前日計量が、2日(金)12:30より都内にて行われた。

 第12試合でパク・ジョンギョ(韓国)と対戦する水野竜也(フリー)は、83.5kgで契約体重の83.9kgをクリアー。パクも83.4kgでクリアーした。

 水野は海外のプロモーションを中心に活躍し、2015年7月には約4年ぶりに日本での試合をDEEPで行ったが、開始からわずか2分50秒で偶発的なバッティングがあり、試合続行不可能となってドローに終わっている。その後、10月に仕切り直しの参戦を果たし、ムン・ジュンヒにTKO勝ちした。今回は2015年7月に開催された『ROAD FC』日本大会でミノワマンを破った韓国の強豪パクと激突する。

「日本で試合をやるとみんなに見てもらえるのでやりがいがある」と、国内での試合にやる気を見せる水野。

 特に今回は「しっかりスパーリングをやり込めたのでめちゃくちゃ調子がいい。いつもは怪我で休んでしまったりするのですが、今回は怪我がなくずっとやることが出来たので。それが自信になっています」と絶好調だという。

 対戦するパクについては「試合映像を見ましたが、喧嘩屋ですね。殴るのが好きで打たれ強い印象」と評し、「ここは自分が相手の挑発に乗らず、しっかりMMA(総合格闘技)をやってフィニッシュに行きたい」と完全決着を予告する。

「もちろん、絶対にフィニッシュしたい。判定決着は日本のファンは望んでいないでしょう。自分も観客なら判定で勝つ試合は見たくない。リスクを負ってでもフィニッシュを狙いに行きます」と宣言した。

●編集部オススメ記事
・世界で活躍、水野竜也が1年10カ月ぶり参戦 
・大塚隆史が9戦無敗最強の挑戦者を迎え撃つ 

【大会・チケット情報】 5・13 DEEP事務局 「DEEP CAGE IMPACT 2017」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース