TOP > ニュース

【グラチャン】格闘技初進出、8月と12月の二大会を大田区で開催

2017/05/16(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

格闘技初進出となる大田区産業プラザPiOでの開催を発表した岩崎代表

 5月14日(日)東京・ディファ有明で『GRACHAN29×One more chance「1MC vol.3」』が開催され、8月13日(日)の『GRACHAN30』、12月10日(日)の『GRACHAN32』を東京・大田区産業プラザPiOで開催することが発表された。

 以前から、地域密着型を目指し新会場に進出することを発表していたGRACHAN・岩崎ヒロユキ代表は「大田区の産業に、大田区の地域の方々に貢献していこうと1年前からプレゼンさせていただきました。地域の方々と共に成長していけたら、と思います」とあいさつ。

 グラチャンの本拠地であるディファ有明は来年6月に閉鎖されるため、「本来は8月以降もずっと大田区で開催しようと思いましたが、グラチャンの本拠地はディファ有明なので今年10月、来年2月、5月をディファで行い、それ以降を大田区で開催していきます」とした。

8月大会で対戦するパンクラスライト級4位・長岡弘樹(左)と阿部右京(右)

 なお、8月大会の第一弾カードとして、パンクラスライト級4位・長岡弘樹(総合格闘技道場DOBUITA)vs阿部右京(OOTA DOJO)の寝業師対決が決定。

 長岡は「グラチャンのライト級のベルトが欲しくて参戦させていたたきます。次の大会では阿部選手を圧倒して勝つので、タイトルマッチに挑戦させて下さい」とアピール。対する阿部は「長岡選手は圧倒すると言いましたが、僕がしっかり一本獲って倒します」と返り討ちを宣言した。

 なお、8月大会にはノルウェー、アメリカから参戦、そして元某団体のチャンピオンが復帰戦を行う。

●編集部おススメ記事
元ZST王者・山田哲也、元新日本ランカーの石原を下し王座挑戦に意欲
大澤茂樹、原井徹を1RKO葬で2度目の防衛に成功 

●GRACHAN2017年大会スケジュール
7月30日(日)北海道・釧路
8月13日(日)東京・大田区産業プラザPiO
10月15日(日)東京・ディファ有明
11月 北海道・ススキノマルス
12月 東京・大田区産業プラザPiO
●GRACHAN2018年大会スケジュール
1月 大阪
2月25日(日)東京・ディファ有明
5月27日(日)東京・ディファ有明

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース