TOP > ニュース

【RISE】KO賞を狙う麻原と直樹、一輝と川島は番狂わせ狙う

2017/05/19(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

優勝候補と目されている麻原(左)と直樹(右)だが、決勝で顔を合わせることが出来るか

 5月20日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE 117』の計量・記者会見が、19日(金)都内にて正午より行われた。

 不可思が保持するRISEライト級王座への挑戦権を懸けた4人制トーナメントが今大会より開幕する。準決勝第1試合は、同級1位でHOOST CUP日本スーパーライト級王者である麻原将平(パウンドフォーパウンド)と、同級2位で元NJKFライト級王者の一輝(OGUNI-GYM)が対戦。

 麻原は「明日はこの4人の中で一番いい試合をして、10万円が欲しいので(KO賞)しっかり倒して10万円を獲ります。打ちに行くので覚悟してください」とKOを予告。一輝に関しては「僕よりも戦績が多いので勝ち方を知っていると思います。あと右のパンチが強い。ペースに巻き込まれないように気を付けます。あと、目が綺麗ですね(笑)」と印象を語った。

一輝(左)と麻原(右)

 対する一輝は「またRISEに呼んでもらえて、トーナメントにも参加させてもらえてありがとうございます。7月の決勝のことを考える余裕はないので、明日に集中して勝ちに行きます」とコメント。麻原については「倒し方とか見せ方とかを知っていて、アグレッシブで強い。気持ちが伝わってくる強い選手だと思います」と評した。

 自分の何を見て欲しいかとの質問には、麻原は「知り合いに入場曲を作ってもらったので入場と、スピードとテクニックと倒しに行く気持ち」、一輝は「打たれ強さや我慢強さ、根性を見ていただきたい」とそれぞれ答えている。

 また、王座に近い存在と長く言われ続けながらいまだRISEのタイトルを手にしていない麻原は「ベルトへの想いは誰よりも強いと思う。それ以上に今のチャンピオンを倒したい。このトーナメントは僕が勝つトーナメントだと思っています」と言い放った。

川島(左)と直樹(右)

 もう一方の準決勝では、ライト級3位・直樹(BRING IT ONパラエストラ葛西)とライト級5位・川島史也(BattleNation)が対戦する。

 川島は「明日は勝つことはもちろん、会場を爆発させて観客を楽しませる試合がしたい」と意気込みを語ったが、直樹は「声に元気がなかったけれど大丈夫かな?」とツッコミを入れる。直樹自身は「10万円(KO賞)が欲しいので頑張ります」との意気込み。

 両者は2016年7月に初対戦し、直樹が判定勝ちを収めていることから、川島は「一度対戦して強いことは分かっている」とし、「今日の印象は笑顔が素敵だなと思いました」とジョークを飛ばす。直樹もそれを受けて「印象は2つあって、まず黒い。それとスーツの癖が強い。以上」と言って笑いをとった。

 何を見て欲しいかとの質問には、直樹が「入場曲」(PRIDEのメインテーマ)、川島は「癖の強いスーツ……明日は着ませんね。アグレッシブに攻めたいので勢いです。自分はこの4人の中で一番実力が低いので、勢いだけでやっていく」と、勢いで上位ランカーたちを喰うと宣言した。

●次ページ:DoA ROOKIES LEAGUE出場4選手の会見

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック