TOP > ニュース

【ラウェイ】高橋奈七永、赤いベルト獲得に向け「ぶっ倒すのみ」

2017/06/15(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

高橋奈七永(左)が赤いベルト(中央のベルト)を懸け、ミャンマーのアイドル歌手兼ボクシング選手のブロニカ(右)と激突

 6月16日(金)東京・TDCホールで開催される“地上で最も過激な格闘技”ラウェイの日本第4弾大会『Lethwei in Japan 4 ~FRONTIER~』。その前日会見が15日(木)都内にて行われた。

 ラウェイとは、手にグローブを着けずバンテージのみを着用し、パンチ、キック、ヒジ打ち、ヒザ蹴りに加え、頭突きや投げ技、立ったままの関節技もありの格闘技。日本で過去3大会行っているが未だ日本人は未勝利。

2月大会では壮絶なド突き合いの末ドローとなった高橋(右)

 今大会がラウェイ第3戦目となる女子プロレスラーの高橋奈七永(シードリング)は前回大会では奮闘するも時間切れドローとなったが、今回は64kg契約のタイトル戦に挑む。対戦相手のブロニカ(ミャンマー)はミャンマーでアイドル歌手として活動をしつつ、今春までミャンマー女子ボクシングの強化選手でもあった。 

 高橋は「とにかく自分の勢いで、パッションで相手をぶっ倒すのみ」とし、2011年に獲得したワールド・オブ・スターダム王座の赤いベルトと、今回挑戦するラウェイの女子のチャンピオンベルトが赤色ということから「高橋奈七永の歩く所に『赤いベルト』が付いてくるという現実が今こうやって起きているわけなので、これはきっとベルトの方から私に近づいて来てくれると、そう思っています」と赤いベルト獲得が宿命であるかのようにコメントした。

 また男子では65kg契約のタイトルマッチに蓮實光(はすみ・ひかる/パラエストラ栃木)、57kg契約のタイトルマッチには浜本”キャット”雄大(クロスポイント大泉)が出場。それぞれミャンマーのラウェイ強豪選手と対戦する。

●編集部オススメ記事
高橋、2月大会では奮闘するも時間切れドロー
ラウェイ初参戦でKO勝ちの高橋

【大会・チケット情報】 6・16 ILFJ/ファーストオンステージ「バガン遺跡群震災復興支援 Lethwei in Japan 4 FRONTIER」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る