TOP > ニュース

【UFC】マクレガー絞め落とした“悪童”ネイトが訴えられ1億円超の請求

2017/06/22(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

マクレガー(左)と2度にわたる激闘を繰り広げたネイト・ディアス(右)が訴えられた

 UFC王者コナー・マクレガー。そのマクレガーと昨年2度戦い、1勝1敗のネイト・ディアス(アメリカ)が、マネージメント会社から訴えられた。しかも100万ドル(約1億1111万円=6月22日現在)以上の額を請求されたのだ。米のTMZスポーツ他のメディアが伝えた。

 ネイトは昨年3月の『UFC 196』で、当時のライト級王者ハファエル・ドス・アンジョスの代役としてマクレガーと対戦、2R 4分12秒、裸絞めで一本勝ち。ネバダ州アスレティック・コミッションの発表によれば、この試合でネイトは50万ドル(約5000万円)のファイトマネーを得た。

第1戦はネイトがチョークで一本勝ち

 また両者は5カ月後に『UFC 202』で再戦。この時はマクレガーが打撃で圧倒し2-0の判定でリベンジを果たした。この再戦でネイトが得たファイトマネーは何と200万ドル(2億円超)。

 ファイトマネー以外にネイトはスポンサー・フィー(スポンサーから得る収入)やテレビのPPV(ペイ・パー・ビュー=有料視聴)の歩合も得ている。『UFC 196』のPPV契約数は130万件超。『UFC 202』は165万件で、それまでUFC最多PPV記録だった『UFC 100』の160万件を破ったので、かなりの額の歩合をネイトも受け取ったはずだ。

 ところが今回、ネイトのマネージメント会社だったバレンジー・グループが、ダラス地方裁判所に訴状を提出し、ネイトを契約不履行、詐欺などで訴えたのである。

再戦ではマクレガーが勝利した

 同社は昨年の『UFC 196』と『UFC 202』でのマクレガー戦のためにネイトの代理人としてUFCと契約交渉をしたが、その後、同社に支払われるべき報酬をネイトが払っていないというのだ。

 バレンジー社の主張によれば、ネイトは同社との契約を昨年7月にいきなり打ち切ったが、この時点で既に8月開催の『UFC 202』に関する契約は締結されていた。

 今回の訴訟でバレンジー社は、ネイトに100万ドル(1億円)以上を請求。

 ネイトの代理人のザック・ローゼンフィールドは、「この件に対しては現在コメントできません」と現地メディアの取材に答えている。

ALL PHOTOS By courtesy of Zuffa LLC / Getty Images

編集部オススメ
・マクレガーの連勝をネイトがストップ

・マクレガーがネイトにリベンジ成功

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック