TOP > ニュース

【NJKF】2階級アップの北野克樹、タイトル戦に「暴れ倒す」

2017/06/29(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

真吾(左)vs北野(右)は若さ溢れる戦い

 7月2日(日)大阪・高石市のアプラたかいし大ホールで誠至会主催『NJKF 2017 west 3rd』が開催される。そのメインイベント、NJKFスーパーライト級王座決定戦で戦う同級2位・真吾YAMATO(大和ジム)と同級3位・北野克樹(誠至会)の試合前コメントが主催者を通じて届いた。
 
 真吾は「やる気、チャンピオンベルトを獲る気に満ち溢れています。練習に気持ちが乗ってとてもいい時間を過ごせています。残りの期間しっかり磨き上げます」と語り、試合に向けて順調に準備が出来ているようだ。

北野(左)は昨年2月のタイトル戦では王座を逃したが、壮絶な打ち合いを展開した。

 対戦相手の北野の印象は「北野選手が階級を上げる前、(自分と)同じジムの悠矢選手と試合をしていますし、タイトルマッチも経験していました。そして、2月5日の試合では壮絶な失神KOをさせていたのでとても強く、侮れないという印象があります」と警戒したが、「お互いに攻防が噛み合い、良い試合になると思います」と好試合になると予想している。
 
 そして「お互いに21歳なので若く活気のあるところにも注目してほしいと思っています」と若さ溢れるコメントを残した。
 
 対する北野は、昨年2月のスーパーフェザー級王座決定戦で惜敗したが、そこから2階級上げて再び王座に就くチャンスが今回やって来た。
 
 今年2月の大阪大会では、得意の左ハイキックで1R1分23秒でKO勝ちし勢いに乗る北野は、今回の試合に向け「2階級上げパワーアップした北野克樹をお見せします。暴れ倒します!」とアグレッシブファイトを宣言した。

●編集部オススメ記事
北野、昨年2月のタイトルマッチで好試合も王座獲得ならず
昨年10月、真吾は強豪ゴーンサックと対戦

【大会・チケット情報】 7・2 誠至会「NJKF 2017 west 3rd」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース