TOP > ニュース

【ROAD FC】150kgの熊男が2度目の参戦

2017/06/30(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

4月大会の前日計量でバーネット(右)は得意のブレイクダンス技を決めたまま対戦相手のヒョンマン(左)と握手

 8月12日(土・現地時間)韓国・ウォンジュ(原州)市の原州総合体育館で開催される『XIAOMI ROAD FC 041』の追加対戦カードが発表された。

 IGFで活躍したクリス・バーネット(アメリカ)が2度目の参戦。無差別級ワンマッチで、韓国の巨漢戦士ミョン・ヒョンマン(韓国)へのリベンジに挑む。

 バーネットは身長176cm、体重150kgの体格を誇り、その見た目からは想像できないテコンドー仕込みの蹴り技を得意とするファイター。日本のIGFで試合を重ね、熊の着ぐるみを着用して踊りながら入場するパフォーマンスが名物になるなど活躍した。これまでに15勝4敗の戦績を収めており、このうち12勝が打撃によるKO・TKO勝ちだ。

熊の着ぐるみを着用して入場するバーネット

 対するヒョンマンは身長190cm、体重120kgの巨漢ファイター。ムエタイで30勝以上を上げ、2013年からMMAに転向した。これまでに4勝3敗1無効試合の戦績を収めており、勝ち星はすべて打撃によるKO・TKO勝ちだ。昨年9月のRIZIN無差別級トーナメント開幕戦でミルコ・クロコップと対戦したことでも知られる。

 そんな両者は4月の『Xiaomi ROAD FC 038』で初対決。この試合がROAD FCデビュー戦であったバーネットは、顔面にヒョンマンの強烈な右フックを叩き込まれてまぶたを負傷、ドクターストップによるTKO負けを喫した。

 バーネットがリベンジを果たすか、ヒョンマンが返り討ちにするか。注目の米韓巨漢対決となる。

●編集部おススメ記事
ヒョンマンが強烈フックでバーネットを負傷TKO葬
152kgの巨漢バーネットが8km泳ぐ

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース