TOP > ニュース

【シュートボクシング】愛知大会メインは新世代対決に!亜月「最後にフルボッコ」

2017/07/01(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

メインイベントで対戦する19歳の竹野元稀(左)と18歳・亜月(右)

 7月16日(日)愛知・ホテルプラザ勝川にて開催される『SHOOTBOXING 2017 YOUNG CEASER CUP CENTRAL #20』の全対戦カードの試合順が発表された。

 メインイベントでは19歳の竹野元稀(風吹ジム)と18歳・亜月(秀晃道場)の新世代対決に決定。竹野は6・16後楽園大会で格上の植山征紀と対戦し判定で敗れたが、強打を持つ植山と互角に打ち合うなど大いに今後の可能性を感じさせる一戦を演じた。対する“SB東北の期待の新鋭”亜月は、プロ5戦目で格上の大桑宏章をフルマークの判定で撃破した実績を持つ。

7 ・16大会ポスター

 試合に向けて亜月は「太田(秀俊)会長が色々と対策を練ってくれているので勝つ準備は出来ています。竹野選手の植山選手との試合を見ましたが、結構やるなという印象を受けました。僕ともバチバチに打ち合ってもらって、最後にフルボッコにします」と7・7Girls S-cupに出場する同門の未奈と同じくフルボッコ宣言。

 対する竹野は「亜月選手の試合を見たことがないので印象はありません。キャリア、年齢も僕の方が上なので“甘くないぞ”というのをしっかり見せ付けたい。地元・愛知での開催なので気合いも入ってます。KO勝ちして盛り上げたい」とKO宣言している。

 その他、追加カードでは韓国のメジャー打撃格闘技大会『MAX FC』からの刺客、YOU JINとKim Gyu Nyeonが参戦。SB日本スーパーバンタム級4位・二田水敏幸(ネックススポーツ)とイモト(グラップリングシュートボクサーズ)がそれぞれ迎え撃つ。

●編集部オススメ記事
・ギャビ・ガルシアが初参戦、SBルールに挑戦
・ギャビの肉体にまたもどよめき、相手と一触即発のにらみ合い

【大会・チケット情報】 7・16 シュートボクシング協会/グラップリングシュートボクサーズ「SHOOTBOXING 2017 YOUNG CEASER CUP CENTRAL #20」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック