TOP > ニュース

【KHAOS】10月大会は関東vs関西全面戦争

2017/07/07(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

K-1甲子園のチャンピオンは2年連続で関西から生まれている

『KHAOS』の年内最終戦、10月14日(土)東京・新宿FACEで開催される『KHAOS.4』のテーマが、7月7日(金)都内で行われた記者会見で発表された。

 今回のタイトルは「KHAOS of WAR」で、10月大会では「関東vs関西全面戦争」として7vs7の対抗戦が行われる。

 会見に出席した宮田充プロデューサーは「関東エリアに強い選手が多いが、アマチュアやK-1甲子園で強い選手が増えてきているのが関西エリアのジムに所属している選手たち。K-1甲子園のチャンピオンも2年連続で関西から生まれるなど目覚ましい活躍をしています。そういった流れで決めました」と、関西勢の躍進ぶりを見て対抗戦を決めたという。

2016年のK-1甲子園-65kgで優勝した近藤拳成(大阪府立西成高校・当時2年)

 また、「なかなかチャンスがなかった首都圏エリア以外の選手に活躍してもらいたいという想いを込めています。限られた枠なので選りすぐりのカードで勝負します。8月下旬から主要カードを発表していきます。すでに関西から活きのいいファイターに名乗りをあげてもらっていますが、自薦他薦問わず、いい選手がいれば私のツイッターに投げて欲しい」と、出場選手を公募する。

 なお今後、「KHAOS of WAR」は何かしらの対抗戦が行われる時の統一タイトルとして使用される。

●編集部オススメ記事
・第1回大会は「試合前日に抽選でトーナメント決定」
・第2回大会は「出場選手を19歳以下に限定」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック