TOP > ニュース

【UFC】石原夜叉坊「レジェンドをゴミ箱に放り込む」=7・7ラスベガス

2017/07/07(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

UFCと正式契約を結んでから2勝1敗の石原。今回は勝利なるか

 7月7日(金・現地時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガスにあるT-Mobileアリーナにて『ジ・アルティメット・ファイター・リデンプションフィナーレ』が開催される。

 日本時間8日(土)の午前7:00から始まるアーリープレリムの2試合目には、日本人フェザー級ファイターの石原”夜叉坊”暉仁(25=10勝3敗2分)が参戦。これまでに2度の敢闘試合賞(ファイト・オブ・ザ・ナイト)に選ばれたことのあるグレイ・メイナード(37=アメリカ/13勝7敗1分)と対戦する。

前回2016年11月のロボフ(右)戦でUFC初黒星を喫した石原(左)

 メイナードは2007年からUFCに参戦し、第2戦から8連勝を飾ったこともあるベテランファイター。2011年には2度、UFCライト級王座に挑戦した。

 石原は2016年11月に行われたアルテム・ロボフ戦での敗北を振り返り、「単純にナメていましたね。準備はしていたつもりだったけれど、今は素直に格闘技をナメていたと、そう思えます。恥ずかしい試合だったし、このままでは日本に帰れないと思って、あれ以来、頑張ってやってきました」とコメント。

 メイナード戦については、「これまでも俺はレジェンドファイターとの対戦が多いんです。それは俺がある意味、新世代の象徴だからなのかなと思っています。だから”レジェンドをゴミ箱に放り込む”こと、それが俺に求められている仕事だと思っています。相手にとってはこれがUFCでのラストファイトになるかもしれない(メイナードは過去6戦で1勝5敗)ので、メイナードには完璧な状態に仕上げてきて欲しいですね。完璧なメイナードを、俺がしっかりと倒して世代交代を証明したいと思っています」と語った。

TUF決勝戦で対戦するリマ(左)とテイラー(右)

 また、UFCとの正式契約を勝ち取るため選手が合宿、トーナメントを行うリアリティ番組『ジ・アルティメット・ファイター(TUF)』のシーズン25として、今年4月から放送されてきた『TUFリデンプション』はバンタム級王者コーディ・ガーブラントと、同級2位T.J.ディラショーがコーチ役を務め、ウェルター級ファイターたちがしのぎを削ってきた。

地球上で最も凶暴なライト級ファイター決定戦、ジョンソン(左)vsゲイジー(右)がメイン

 今大会ではトーナメントを勝ち抜いたディエゴ・リマ(ブラジル/14勝5敗)とジェシー・テイラー(アメリカ/32勝15敗)がセミファイナルで決勝戦を争う。

 メインイベントでは、ライト級5位マイケル・ジョンソン(アメリカ/18勝11敗)が、UFC初参戦のジャスティン・ゲイジー(アメリカ/17勝無敗)を迎え撃つ。記者会見で互いに「地球上で最も凶暴なライト級ファイター」だと主張して譲らなかったジョンソンと無敗の新人ゲイジーに注目が集まっている。

PHOTOS By courtesy of Zuffa LLC / Getty Images 

●編集部オススメ記事

・石原”夜叉坊”暉仁の第4戦が決定、相手はタイトルマッチ経験者
・堀口が進化を見せつけ7勝目、石原“夜叉坊”は無念の初黒星

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース