TOP > ニュース

【RIZIN】元UFCファイター・バーチャックと対戦の大塚「日本人舐めてる」

2017/07/13(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

シャドーボクシングでは野生的な動きでキレの良い動きを見せていた

 7月30日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 バンタム級トーナメント1st ROUND-夏の陣-』のバンタム級トーナメント一回戦で、アンソニー・バーチャック(アメリカ)と対戦するDEEPバンタム級王者・大塚隆史(T-grip Tokyo)が、11日(火)都内で公開練習を行った。

 2分間のシャドーボクシングではキレのある動きで左ハイキック、飛びヒザ蹴りを繰り出した。大塚は「今はハードに練習して疲労がピークの時だが怪我も無く良い状態で進んでいる」とコンディションの良さを感じさせるコメント。

 相手の印象については「全部出来る選手かな。打撃も出来て、レスリング出身らしくレスリング能力もあり、柔術のジム所属で下のポジションからの攻めも出来る。UFCで戦っていた良い選手」と評したが、「多分、向こう(海外)の人は大体日本人を舐めてる。だから外国人とやると燃える」と日本人として舐められたくない気持ちを明かし、殺気十分。

 バーチェックの「(大塚が現在保持する)DEEPのベルトを持って来い。アメリカに帰る時には俺がDEEP王者としてベルトを持ち帰るぜ」という挑発的なコメントには「舐めてんだろうな、おめぇもなんか持って来いよ。なんで俺だけベルト持って来なきゃいけねぇんだよ」と不快感を露にしたコメント。

 また今回のトーナメントで所vs堀口ばかりがテレビで取り上げられる事に関して「僕はテレビの方は若干力不足なので盛り上げてくれて有り難い」と話し、「僕は良い試合して勝って魅せていきたい」と意気込みを語った。

●編集部オススメ記事
5月、2度目の防衛に成功した大塚
堀口との決戦へ、所「最後に自分が勝つと信じて」

【大会・チケット情報】 7・30 RIZIN FIGHTING FEDERATION「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 バンタム級トーナメント1st ROUND-夏の陣-」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース