TOP > ニュース

【RISE】裕樹と対戦するリー「KO決着を約束しよう」

2017/07/14(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

“コリアンデビル”の異名を持つリー

 7月17日(月・祝)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE 118』のセミファイナル(RISEスーパーフェザー級次期挑戦者決定戦)で“Mr.RISE”こと裕樹(ANCHOR GYM/RISE三階級王者)と対戦する、同級1位チャンヒョン・リー(韓国/仁川ムビジム)のコメントが主催者を通じて届いた。

 リーは強烈なコンビネーションパンチが武器のコリアンファイター。3月大会ではRISEスーパーフェザー級王者・野辺広大(1-siam gym)と対戦しているが、下馬評を大きく覆し野辺を2Rで失神KOさせている。今回の勝者はスーパーフェザー級タイトル(現在の王者は野辺)挑戦権が得られるため、両者にとって重要な一戦になる。

3月5日に開催された試合では野辺(右)を2R18秒でKOした

 前回の野辺戦を振り返るリーは「今までの僕と違うので、KO出来るのは確信していた。ただ、こんなに早くチャンスが来るとは思わなかったので、すごく興奮しているよ」と心境を語る。

 今回の裕樹戦についても対策は万全な様子。「僕はいつもイ・ソンヒョン(第2代RISEライト級王者)と練習しているよ。ソンヒョンは裕樹選手と2回試合して勝っている。だから僕は彼からテクニックや裕樹選手のウイークポイント(弱点)を教えて貰ってるんだ」(リー)

「RISE王者になる」と目標を語ったリー(右)

 試合の展望については「僕はいつでもアグレッシブな試合をする。KO決着を約束しよう。勝つのは僕だ。この試合に勝利して王者に挑戦したい。そして僕は必ずRISE王者になる。RISEベルトを持って世界で暴れる」と言葉にも自信がみなぎる。一方で「(裕樹は)僕が尊敬する日本人ファイターの一人。だからとても光栄。彼のローキックはとても危険な技だし世界トップクラスの攻撃だよ」と警戒する一面も見せた。

●編集部オススメ記事 
韓国の鉄拳リーが野辺を衝撃の失神KO葬
恐るべきコリアンモンスターが新王者に!裕樹をまさかのローキック葬

【大会・チケット情報】 7・17 RISEクリエーション「RISE118」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック