TOP > ニュース

【M-ONE】K-1で活躍中のゴンナパー、世界タイトル防衛戦が決定

2017/07/20(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

昨年9月のK-1デビュー戦で山崎秀晃(右)を破ったゴンナパー(左)

 9月18日(祝・月)東京・ディファ有明にて開催されるウィラサクレックフェアテックス主催興行『M-ONE 2017 2nd』の対戦カードが発表された。

 K-1で活躍中のゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックス)が10カ月ぶりに凱旋。WPMF日本スーパーライト級王者・潘隆成 (ぱん・りゅんそん/クロスポイント吉祥寺)を挑戦者に迎え、2度目のWPMF世界スーパーライト級タイトル防衛戦に臨む。

6月のK-1 WGPライト級タイトルマッチでは、王者ウェイ・ルイ(右)に1Rでダウンを奪われながらも、ゴンナパー(左)は猛追を見せた

 ゴンナパーは2010年11月の初来日から、圧倒的な打撃力でヤスユキT-98、ハチマキ、水落洋祐といった日本人トップ選手を次々と撃破した強豪。“日本人キラー”として名を馳せ、昨年9月のK-1デビュー戦では元Krush -65kg王者・山崎秀晃に歩行困難となるほどのダメージを負わせて勝利した。

 さらに、勢いそのままに臨んだ昨年11月のWPMF世界スーパーライト級タイトルマッチでは、元日本ライト級王者・石井達也にTKOに下して初防衛に成功。今年に入ってからは、2月にK-1初代ライト級王座決定トーナメント出場、6月にはK-1 WORLD GPライト級タイトルマッチで王者ウェイ・ルイに挑戦するなど、大活躍を見せている。

3月のレベルスでは、超攻撃型ムエタイ戦士スアレック・ルークカムイ(左)と引き分けている潘(右)

 挑戦者の潘は、強靭な足腰から放つ蹴り技を武器に、レベルスを中心に活躍してきた実力者。昨年9月のWPMF日本スーパーライト級王座獲得から4勝1分けと好調であったが、今年6月のREBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王座決定トーナメント1回戦で、優勝候補と目されながらも判定負け。今回が再起戦となる。

 K-1王者ルイには激闘の末に敗れたゴンナパーだが、M-ONE凱旋試合で王座防衛&再起に期待がかかる。一方の潘はレベルスのトーナメントで敗れた悔しさをぶつけたいところ。果たして勝利を収めるのはどちらか。

 なお、今大会にはJ-NETWORK、WPMF日本、REBELS-MUAYTHAIのフェザー級三冠王・八神剣太(レジェンド横浜)も参戦。元WMC世界&WPMF日本スーパーバンタム級王者・鷹大(WSRフェアテックス西川口)を挑戦者に迎え、WPMF日本フェザー級王座の初防衛戦を行うことが決まっている。

●編集部おススメ記事
K-1 WGPライト級王者ウェイ・ルイに挑戦したゴンナパー
【試合動画】K-1から凱旋したゴンナパーがKO圧勝
【試合動画】ゴンナパーvs健太の大激闘、あのゴンナパーが…
 
ウィラサクレックフェアテックス
「M-ONE 2017 2nd」
2017年9月18日(祝・月)東京・ディファ有明
開場15:30 開始16:00

<決定対戦カード>

▼WPMF世界スーパーライト級防衛戦 3分5R
ゴンナパー・ウィラサクレック(WSRフェアテックス/WPMF世界スーパーライト級王者)
vs
潘 隆成(ぱん・りゅんそん/クロスポイント吉祥寺/WPMF日本スーパーライト級王者/挑戦者)

▼WPMF日本フェザー級防衛戦 3分5R
八神剣太(レジェンド横浜/J-NETWORKフェザー級&WPMF日本同級&REBELS-MUAYTHAI同級王者)
vs
鷹大(WSRフェアテックス西川口/元WMC世界&WPMF日本スーパーバンタム級王者/挑戦者)

<チケット料金>
SRS席12,000円 RS席10,000円 S席7,000円 A席5,000円

<チケット販売所>
イープラス http://eplus.jp/sys/main.jsp
出場各ジム 

<問い合わせ>
株式会社ウィラサクレックフェアテックス 03-3876-4900

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」、「」、「」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る