TOP > ニュース

【Krush】郷州と決勝争う大沢「柔よく剛を制すで勝つ」

2017/07/23(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

軽快にパンチをミットに叩き込んでいく大沢。以前から定評のあるボクシングスキルにパワーが加わった

 8月6日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.78』で、郷州征宜(K-1ジム総本部チームペガサス)と「Krush -60kg次期挑戦者決定トーナメント決勝戦」を争う大沢文也(TANG TANG FIGHT CLUB)が、7月22日(土)都内の所属ジムにて公開練習を行った。

 大沢は同門の後輩・和氣光春を相手に2分1Rのミット打ちを披露し、軽快なパンチを繰り出していった。「最近右ストレートがめちゃくちゃ調子いいんですよ。この間のスパーリングでも右ストレートで相手を倒しました。2015年くらいからウエイトトレーニングを始めて、こに1年くらいでしっかりやるようになったんですが、その成果が出てますね。練習でも試合でもパワーがついてきたと思います」と、パンチがパワーアップした実感があると語る。

 トーナメント1回戦で稲石竜弥、準決勝で横山巧に勝利して決勝進出。決勝で対戦する郷州については「「パワーがあって前に出る選手」と評し、「自分にとっては相性が悪い。はっきり言って苦手なタイプで、7:3で自分が不利」と意外なコメント。

 しかし、「対策として階級が上の圧力がある選手とスパーを続けてきて、6:4くらいまで戻してきたし、あと2週間あれば5:5まで持っていける。自分のイメージではダウンを奪って判定勝ちかな。KOと言わないところが俺らしい(笑)」と攻略のイメージは出来ているようだ。

「前から言っているようにベルトは欲しい。足立区は格闘家が多くて、下町のKrushファイターの代表は俺だと思っているんですよ。足立区にはエネルギーをぶつける場所がない若いやつがたくさんいて、俺も格闘技がなかったら本当にやばかったと思います」と、ベルトと格闘技への想いを口にする大沢。

 そして、「今回はスピードとパワーの勝負。ブルファイターの郷州選手と足を使って高いスキルを見せる俺の勝負です。普通にやれば勝てると思うし、俺のボクシングスキルを見て下さい。“柔よく剛を制す”で勝ちますよ」と、最後は必勝宣言が飛び出した。

●編集部オススメ記事
・新王者・安保への挑戦権を懸け郷州vs大沢
・K-1のリングでも勝利している大沢

【大会・チケット情報】 8・6 グッドルーザー「Krush.78」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック