TOP > ニュース

【RIZIN】エース宣言の堀口恭司「誰でもかかってこい」

2017/07/31(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

RIZINのエースになると宣言し、「誰でもかかってこい」と言い放った堀口

 7月30日 (日)さいたまスーパーアリーナで開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 バンタム級トーナメント1st ROUND-夏の陣-』の一夜明け会見が、31日(月)都内にて行われた。

 今大会から開幕したバンタム級トーナメント。その1回戦を勝ち上がった元UFCファイター・堀口恭司(アメリカン・トップチーム)とDEEPバンタム級王者・大塚隆史(T-grip Tokyo)が会見に出席した。

所を1Rわずか1分49秒で粉砕した

 メインイベントで、所英男を1Rわずか1分49秒でTKOに下す圧倒的な強さを見せつけた堀口は、「KOで勝ったので、このまま優勝できるように努力して頑張っていきます。もっとRIZINを盛り上げていきます」と短めの挨拶。

 元UFCファイターの強敵アンソニー・バーチャックを判定2-1で退けた大塚は、「勝つことに必死になった試合になりました。矢地選手や堀口選手の試合を見るとしっかり倒して勝ったので、RIZINという舞台は勝つだけじゃなく倒したり、お客さんに魅せられる試合をしないとダメ。何かを魅せるという課題が残りました。勝つことが大事ですが、次はそれ以上にインパクトを残したいと思います」と、大舞台ならではの課題が出来たと振り返った。

 10月15日(日)マリンメッセ福岡にて開催の『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017-秋の陣-』で行われる、バンタム級トーナメントBブロックにはパンクラス・バンタム級王者である石渡伸太郎 (CAVE)の参戦が決定。石渡は堀口、大塚と過去に拳を交えている。

石渡にリベンジできる絶好の機会を得て燃える大塚

 大塚は「僕は前に負けているので、やりたい気持ちはある。この機会でないと出来ないと思うんですよね。敗れた時の気持ちがずっと残っているので、それを取り戻すためには勝たないといけない。勝っていけば当たると思うのでリベンジしたい」と、リベンジに燃える。

 堀口は「自分は何とも思いません。石渡選手が出てRIZINが盛り上がるならいいと思っています。誰でもかかってこいって感じです」と、一度KOしている石渡には興味がなさそうだった。

元UFCファイターとの大接戦を制した

 トーナメントBブロックの出場メンバーは早ければ今週中にも発表される予定で、大塚は「誰でもいい。実力者が出てくれればいいと思っています」、堀口も「自分もRIZINが盛り上がる選手が出て欲しいなって思っています」と口をそろえた。

 なお、堀口は前日の試合後も「自分は誰が来ても受けて立つ。気にしていない。自分がスターにならないとRIZINが盛り上がらないので、自分がスターになってしっかり盛り上げたい」と、RIZINのエースとなって引っ張っていくと宣言している。

※『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017-夏の陣-』全試合結果

●編集部オススメ記事
・堀口恭司、所英男の弱気発言を叱る
・所英男、進退について「近々そういう方向で」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る