TOP > ニュース

【ムエタイ】福田海斗がタイ超ビッグマッチに出場、勝てばランキング入り

2017/08/02(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

福田(左写真・中央)がムエタイの殿堂主催の超ビッグマッチに出場。対戦相手はペットルンロート(右写真・左)

 タイを主戦場に活躍を続ける福田海斗(キング・ムエ)が、8月7日(月)ラジャダムナンスタジアムで開催される超ビッグマッチに出場が決定した。対戦相手は強豪ペットルンロート・ローキラーコーラート(タイ)。

 この試合に勝てばラジャダムナンスタジアム115ポンド(スーパーフライ級)のランキング入りが確実視されており、フライ級に続きスーパーフライ級でもランキング入りするという外国人選手としては過去例のない歴史的快挙を達成することになる。

 通常、ムエタイの殿堂ラジャダムナンスタジアムは各プロモーターが持ち回りで興行を行っているが、この8月7日の興行はラジャダムナンスタジアムが主催する興行で、現在最も勢いのあるプロモーター・ソーソムマイ氏が手がけることになった。

 ラジャダムナンスタジアムが主催ということで国際色の強いマッチメイクとなり、メインでは超人気選手セクサンがタイ在住のオーストラリア人選手チャド・コリンズと対戦。また、セミでは現ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフェザー級王者ペットウトーンが7チャンネルスタジアムの同級王者テーパブットと王者対決、第4試合にはベルギー人の現ラジャダムナンスタジアム認定ミドル級王者ユーセフが出場し、同級1位ヨードパヤックと王座防衛戦を行う。

 そんな豪華なマッチメイクにあって、福田はラジャダムナンスタジアム支配人プライ氏から直々に出場要請があり、栄えある第1試合に出場。対戦相手のペットルンロートは今年5月までスーパーフライ級のランキングに入っていた選手で、前フライ級王者ドークマイデーンとも対戦しており、その実力はランカーやチャンピオンクラスと遜色ないレベル。じわじわと圧力をかけるファイタータイプで、同じ前に出るスタイルの福田とは噛み合いそうだ。

 福田は6月にタイ・サラブリー県で行われたテレビマッチ『スック ムエディーサラブリー』でKO勝利を収め、ムエサイアム中部115ポンド王座を獲得。続く7月5日のラジャダムナンスタジアムでは第4試合というセミファイナル格でもKO勝ち。連敗続きであった時から完全に復調したようだが、今回のペットルンロート戦は厳しい戦いが予想される。

●編集部オススメ記事
・福田海斗がタイで3つめの王座奪取
・福田海斗が快挙、ムエタイ・最優秀外国人選手賞を獲得

「ラジャダムナン インターナショナルファイト&スック ソーソムマイ」
2017年8月7日(月)タイ・ラジャダムナンスタジアム

<主な対戦カード>

▼メインイベント 65.0kg契約 3分5R
セクサン・オークワンムアン(タイ)
vs
チャド・コリンズ(オーストラリア)

▼セミファイナル 59.0kg契約
ペットウトーン・オークワンムアン(ラジャダムナンスーパーフェザー級王者)
vs
テーパブット・シットウウボン(7チャンネルスーパーフェザー級王者)

▼第4試合 ラジャダムナンスタジアム認定ミドル級タイトルマッチ 3分5R
ユーセフ・ペットサマーンムエタイ(ベルギー/ラジャダムナンスタジアム認定ミドル級王者)
vs
ヨードパヤック・シッソーンピーノーン(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定ミドル級1位・挑戦者)

▼第1試合 52.2kg契約 3分5R
カイト・ウォーワンチャイ(キング・ムエ/元タイ国プロムエタイ協会フライ級王者)
vs
ペットルンロート・ローキラーコーラート(タイ)

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック