TOP > ニュース

【Krush】K-1左右田を退けた王者・中澤がK-1参戦を直訴

2017/08/07(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

「K-1に出たいです」と宮田プロデューサーに直訴した中澤

 8月6日(日)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.78』の一夜明け会見が、7日(月)都内にて行われた。

 ダブルメインイベント第2試合にて、Krush -65kg王座の初防衛に成功した王者・中澤純(TEAM Aimhight)が出席。K-1 WORLD GP 2014 -65kg初代王座決定トーナメント準優勝の実績を持つ左右田泰臣(シルバーウルフ)を、延長戦の末に判定2-1で下した試合を振り返った。

 サングラス姿で現れた中澤は「とりあえず勝てたのでほっとしています。それ以外言葉があまりないです。延長であそこまで打ち合う試合をやるとは思わなかった。けっこう(パンチが)当たって皮がずる剥けて拳が腫れているので、左右田選手が丈夫だったと思います」と、左右田のタフさが印象に残ったようだ。

接近戦で激しく打ち合った中澤(右)と左右田(左)

 勝因は「根性でした」と言い、「減量の影響だと思いますが途中で腕に力が入らなくなってしまったので、延長の時は内心“マジかよ、本戦で終われよ”って思っていましたが、やるしかないと思って頑張りました」と根性で耐え抜いた。

 また、「2カ月間、左右田選手のことだけを考えて生活してきたので おかげで強くなれたと思います。今回はいい感じでマインドフルネス(瞑想などで意識を集中させること)を使って、試合に集中力を高めるようにして来ました。スパーリングより速い相手のジャブがよく見えたので、凄い集中出来たというか、選手として一皮剥けたと思いますね」と、今回の試合を経て強くなれたとの実感を得たという。

 中澤は会見で「K-1に出たいです、宮田さん」と、同席した宮田充K-1プロデューサーにK-1出場を直訴。宮田プロデューサーは「凄くお役さんを熱くさせる試合を演じてくれて、8月大会を締めてくれた2人に感謝したい。-65kgという層の厚い階級で最強の挑戦者を競り合いで制した。発言権は十分にあるし、当然前向きに考えたい。チャンピオンなので防衛していって欲しいのと並行して、当然K-1のリングを考えます。出てもらう以上はお客さんが見たくなるカード、タイミングがあると思うので今日から考えていきたい」と前向きな返答。

 中澤が「あざーす。凄い楽しみにしています。ワクワクします」と喜びを表すと、宮田プロデューサーは「K-1にはKrushとまた違う厳しさがあるのでそれも味わって欲しい」と気を引き締めるようなひと言。中澤は「頑張ります」と答えた。

※「Krush.78」試合レポートはこちら

●編集部オススメ記事
・中澤が左右田の発言に不快感「何様なんだ」
・王者・中澤が挑戦者・左右田を「部下だったらクビにしてる」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る