TOP > ニュース

【K-1】木村ミノル「トーナメント3試合全て失神させてKO」

2017/08/10(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

木村(右)のパンチの重さでミットを持つウィラサクレック会長(左)の表情が苦痛に歪む

 9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて開催の『K-1 WORLD GP JAPAN~初代ウェルター級王座決定トーナメント~』に出場する、木村”フィリップ”ミノル(ブラジル//Team Philip/GSA/WSR)が10日(木)都内ウィラサクレック・フェアテックスムエタイジムにて公開練習を行った。

 木村はウィラサクレック会長が持つミットに、強打のパンチ、ロー&ミドルキック、ヒザ蹴りを迫力満点に叩き込んだ。ミット打ちを終えるとウィラサクレック会長は「重いよ」とその破壊力に太鼓判を押した。

 木村は「だいぶ前から調整を始めていて、今の時点で早くも疲労が蓄積しています。合格点をあげたいくらいパーフェクトな仕上げ。試合に合わせて調整したら完璧になる。今回は特別に上手くいっています」と、最高のコンディションを作り上げている様子。

 これまでのスーパー・ライト級(65.0kg)からウェルター級(67.5kg)に階級を上げたが、「65.0kgの時は減量がキツかったけれど、それと同じくらいのキツさが今回もあるんじゃないかっていうくらいの疲れがあります」と、フィジカルトレーニングで身体もより大きくなっているようだ。

ミットがここまで折れ曲がる木村のパンチの破壊力

 今回は優勝までに1日3試合を戦わなければならないワンデートーナメントに参戦。しかし、「試合運びは(ワンマッチと)変わらずスピード、パワー、爆発力をフルに試合を組み立てる。気持ち的には調子がいい頃のスタイルに戻った感じですね。そこにここ1~2年のキャリアが加わり、テクニックのベースも前とは違う。このスタイルだから3試合全て失神させてKOする」と、全員なぎ倒すと豪語。

「俺の身体がアドレナリンに耐えられるかが心配。興奮状態に耐えられるか心配になるくらいエキサイティングな試合になる」と、自分の身体が心配になるほどの試合をするという。

 トーナメント1回戦では、元同じチームだった久保優太(K-1ジム五反田チームキングス)との対戦となったが、「試合が決まった時からチームメイトとしてやってきたという意識はなかった。ここで優勝しないと今後の人生が違うので、ここで獲らなかったら一生後悔する。それと比べたら元チームメイトなんて大きな問題じゃない。気にならないくらいどうでもいいことだったかもしれないですね」と、非情に徹する姿勢を見せた。

●編集部オススメ記事
・複雑な心境の久保に、木村は「ぶっ殺しに行く」
・木村ミノルと戦う久保「リングに上がったら殺しに行く」

【大会・チケット情報】 9・18 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る