TOP > ニュース

【ボクシング】メイウェザーvsマクレガーのアンダーカードにIBF世界戦

2017/08/15(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

世界タイトルマッチを従えて堂々メインに登場するマクレガー(右)。アリのライバルだったホームズ氏も勝利の可能性を示唆した
By courtesy of Zuffa LLC / Getty Images

 8月26日(日本時間27日)にラスベガスで行われるボクシング五階級制覇のフロイド・メイウェザー(40=米国)vs UFC同時二階級制覇のコナー・マクレガー(29=アイルランド)のアンダーカードとして、IBF世界タイトルマッチが行われることが発表された。

 IBF世界スーパー・フェザー級王者ガーヴォンタ・“タンク”・デイヴィス(22=米国、18戦全勝17KO)に、フランシスコ・フォンセカ(23=コスタリカ、19勝13KO無敗1分)が挑む。タンクはメイウェザー・プロモーションの選手で、現在9連続KO勝利中。同王座は2度目の防衛戦となる。

ガーヴォンタ・デイヴィス(左)とメイウェザー(中央)。デイヴィスはメイウェザー・プロモーションの選手。本人のInstagramより

 マクレガーは総合格闘技では21勝3敗だが、プロボクシングは今回がデビュー戦なので、18戦全勝のIBF世界王者タンクの試合がマクレガーの試合のアンダーカードというのは、ボクシング・ファンとしては複雑な思いがあるかも知れない。

 メイウェザーvsマクレガーに関して、ボクシング関係者の多くはメイウェザーの圧勝を予想しているが、モハメド・アリをTKOした元WBC・IBF世界ヘビー級王者のラリー・ホームズは「マクレガーを甘く見るな。彼は勝利に凄い執念を持っているし、メイウェザーをKOする力を持っている」と警告している。

 ラジオ番組のインタビューに答えたホームズは「マクレガーはしっかり両手のガードを上げて低くかまえ、メイウェザーをロープに追い込んでパンチの嵐を見舞えばいい。多くの人はマクレガーを見くびっているが、彼はアスリートだ。大金がかかっているし、モチベーションは高い」とマクレガーが勝つ可能性について語った。

アリのライバルであり、元世界ヘビー級王者ホームズが「マクレガーを甘く見るな」と警告(写真は本人の自伝表紙)

 もしマクレガーが勝つようなことがあれば、ボクシング界にとってマイナスか、と問われるとホームズは「もしマクレガーが勝てば、白人のスターがボクシングに誕生することになる。いつも黒人が勝ち続けてきたから、多くの人は白人が勝つのを見たがるだろう。そして彼の今後の試合を見たがるだろう。ボクシングにとっていいことだよ。それに2人ともハードに練習しているから、この試合は面白い試合になるだろう」と語り、仮にマクレガーが勝ったとしても、ボクシングにマイナスではないと語った。

 実際、マクレガー本人も、今回のメイウェザー戦後も総合格闘技と並行してボクシングでも戦っていきたい、と述べている。

 一方マクレガーの打撃コーチであるオーエン・ロディは米の格闘技サイトMMAJunkieの取材に答えて、「今のコナーは、10年前の全盛期のメイウェザーにも勝てる」と豪語した。

「コナーは過去最高の仕上がりだ」と、元総合格闘家で11勝4敗の戦績を持つロディは言う。「毎回、試合に向けたキャンプのたびにコナーはものすごく進化してきた。今回はボクシング・キャンプだが、同じことだ。毎日ものすごく進化し、前日の倍の強さになってるんだ。彼の進化を見ているのはとても楽しいよ」

 そして、「メイウェザーの試合動画は何100時間も見たし、必要な情報はすべてインプット済みだ」と、マクレガーのコンディション面のみならず、作戦面でも死角がないと自信満々に語った。

●編集部オススメ記事
・マクレガーが2RでKO宣言、その理由とは
・メイウェザー「判定なら負け」とKO宣言

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース