TOP > ニュース

【ボクシング】マクレガーがメイウェザーに入れたパンチは111発

2017/08/27(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

全世界が注目したメイウェザー(左)vsマクレガー(右)(写真は試合前記者会見時のもの photo=(C)DAZN

 8月26日(土・現地時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガス・Tモバイル・アリーナで行われた、ボクシング5階級制覇のフロイド・メイウェザー(40=米国)とUFC同時二階級制覇のコナー・マクレガー(29=アイルランド)による“世紀の一戦”は、メイウェザーが10R1分5秒、レフェリーストップによるTKO勝ちを収めた。

 試合後、UFCの名物社長であるデイナ・ホワイトが記者会見で、マクレガーの健闘をたたえた。

「4Rとか6Rでコナー・マクレガーがKOされると予想した記者もいたし、『メイウェザーに1発もパンチを入れられないだろう』と言った者もいる」と、メイウェザー圧勝を予想した多くの記者の前でホワイト社長は言った。

会見でマクレガーを称えたデイナ・ホワイトUFC社長(写真はUFC日本大会時のもの)

「だがコナーは素晴らしい戦いを見せた。コンピュボックス(パンチの着弾数を記録するソフト)によれば、メイウェザーが12Rフルに戦った試合のうちの9試合では、相手が彼に入れたパンチは100発以下だった。だがコナーは今日、10R途中までで、メイウェザーに111発も入れた。グレート・ファイトだ。コナーを誇りに思うよ」

 そして、さらにこう続けた。「今夜の試合は“見たこともないような最高のボクシング・マッチ”ではなかったかもしれないが、“ファイト”(激戦)だった。コナーはメイウェザーにジャブを入れ、いいアッパーも入れたし、いいボディブローも入れた。彼は素晴らしい試合をしたんだ」

マクレガーのボクシング挑戦はこれっきりにして欲しいとの本音も

 しかし、今後もマクレガーがボクシング戦を続けたいと言ったらどうするか問われると、「そうでない方が嬉しいね。彼は総合格闘家だ。彼の武器を全て使える試合をして欲しい。今日は拳しか使えなかった。今日は素晴らしい試合をしたし、これ以上何かを証明する必要はない。だから総合の試合をしてほしい」と“本業”であるUFCへの復帰を求めた。

 UFCヘビー級王者スティーペ・ミオシッチもボクシング戦をしたがっていることについて尋ねられると、「そんな話はしたくもないね。この試合は2人のスーパースターが自分たちでファンやメディアに働きかけ、そして私たち(プロモーター)までも動かして作り上げた試合だ。今回の試合は本当に特別なイベントだった。非常に稀(まれ)なものだ。もう一度やりたいとは思わない」と今回の試合が1度だけの“特例”だったことを強調。「私はUFCでの仕事に戻る準備ができてるよ」と社長自身も今後は“本職”のUFCに専念したいと笑った。

●編集部オススメ記事
・世紀の一戦はメイウェザーが10RでTKO勝ち
・メイウェザー、マクレガーTKOまで10Rかかったのは「戦略だった」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース

イベント日程
2017年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック