TOP > ニュース

【K-1】MA王者・島野浩太朗「最終的にKO。試合当日に爆発します」

2017/08/30(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

公開練習で豪快なミット打ちを披露した島野

 9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP JAPAN~初代ウェルター級王座決定トーナメント~』のスーパーファイトで皇治と対戦するMA日本スーパーフェザー級王者・島野浩太朗(菅原道場)が、8月29日(火)千葉にある同道場にて公開練習を行った。

 昨年4月の-60kg(現スーパー・フェザー級)日本代表決定トーナメント以来のK-1参戦となる島野。公開練習では2分1Rのミット打ちを披露し「調子は良いです。試合まで3週間を切ったので、身体の無駄を削りながらしっかり戦える身体を準備しています」とコンディションの良さをアピールした。

 島野にとって昨年は思うような結果を残せない一年だったが現在は3連勝中。「今は自分が出来ることを絞って、試合に向けて準備して練習していることが結果に繋がっていると思います」と好調の要因について話した。

 今回対戦する皇治の印象については「凄く注目されている選手だと思いますし、攻略が難しい印象があります」としながらも「しっかり3R戦いながら、駆け引きの中で自分の攻撃を当てる。最終的にはKOです」と倒して勝つことにこだわりを見せる。

 同じ大会には王者・大雅の試合を含め、スーパー・フェザー級のスーパーファイトが3試合組まれており「現チャンピオン(大雅)のスーパーファイト、元チャンピオン(卜部弘嵩)とキャリアを積んできた選手(山本真弘)の試合も組まれている中で、自分は見ている人がスッキリするようなKO必至の試合をする」と島野。

 改めて「K-1はどんな舞台か?」と聞くと「自分が小さい時から見ていた夢舞台の1つ」と答え「K-1で自分の最高のパフォーマンスを見せたい。自分の選手生活を結果として形にしたい」と熱く語った。最後に島野は「試合当日に最高の身体を作って、皇治選手との試合を熱い試合に出来るように集中します。当日は爆発するので、熱い試合を楽しみにしていてください」とファンにメッセージを送っている。

●編集部オススメ記事
・あわや大乱闘、皇治の挑発に大雅がブチギレる
・皇治が大雅と武尊に「クソガキども、調子にのっとれ」

【大会・チケット情報】 9・18 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース