TOP > ニュース

【UFC】マクレガーに敗れた元UFC王者アルド「プロボクサー目指す」

2017/09/02(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

かつてマクレガー(右)と因縁の対決を行ったアルド(左)photo=(C)NAOKI FUKUDA

“UFC同時二階級制覇”のコナー・マクレガー(29=アイルランド)は8月26日(現地時間)にラスベガスで“ボクシング・レジェンド”フロイド・メイウェザー(40=アメリカ)と“世紀の一戦”を戦い、10RTKO負けで敗れたが、プロボクシング・デビュー戦にもかかわらず49戦無敗のメイウェザーを相手に善戦したとの評価も多い。

 ブラジルからの報道によると、このマクレガーに敗れてUFCフェザー級王座を奪われたジョゼ・アルド(30=ブラジル)が、「俺もプロボクシングの試合をしたい」と望んでいるという。それも1試合だけでなく、継続的にだ。

ボクシング三階級制覇のマイキー・ガルシアとのツーショットを自身のInstagramにアップしたアルド

 アルドは出稽古に出かけていた米カリフォルニア州から8月24日にブラジルに戻ったが、カリフォルニアでは総合格闘技のジムでなく、ボクシング・ジムで練習していた。

 アルドが行っていたのは、元IBF世界スーパー・ライト級王者ロベルト・ガルシアのジム。ガルシアはノニト・ドネア、アントニオ・マルガリート、マルコス・マイダナらボクシング世界王者を指導した経験を持つ名伯楽で、老舗ボクシング雑誌『リング』誌の“年間ベスト・トレーナー賞”を受賞したこともある。そのガルシアのジムで、アルドはボクシング特訓をしていたのだ。

 アルドの総合格闘技の師匠であるアンドレ・ペデネイラス(ノヴァ・ウニオン主宰)は、「アルドはプロボクシングの試合をするという夢をかなえるため、ボクシングの練習をしてるんだ」と語った。「もし可能ならUFCとの契約で残っている試合を3カ月でこなして、ボクシングに転向したいと思っているのさ」とペデネイラスは言う。アルドのUFCとの契約で残っている試合数は4試合。これを出来るだけ早く終わらせたいというわけだ。

マクレガーに秒殺KO負けしたアルドだが、ボクシング転向で成功を収めることが出来るか By courtesy of Zuffa LLC / Getty Images

「アルドは長い間、試合をしないでいるのを嫌がってる。それに、これでUFCとの契約を終わらせたがってもいるんだ」とペデネイラス。

 アルドの総合戦績は26勝3敗。2015年12月の『UFC 194』でマクレガーに敗れて王座陥落するまでは10年間無敗で18連勝し、UFC王座を7度防衛していた。

 今回メイウェザーにマクレガーがTKO負けした直後、アルドはツイッターで涙を流して爆笑する顔文字を6つも並べてマクレガーを嘲笑した。しかしアルド自身がボクシングに挑戦して、トップレベルの選手と戦っていけるのだろうか。

 アルドは元K-1王者アンディ・サワーと何度も一緒に練習しており、総合格闘技界では強烈な打撃を誇るが、最大の武器はローキックとヒザ蹴りで、パンチではない。マクレガーにも、スタンドでのパンチで13秒で秒殺KOされている。はたしてボクシング転向は成功するのか。

●編集部オススメ記事
・2015年最大の決戦はマクレガーがアルドを13秒KO
・マクレガーとの頂上決戦で秒殺されたアルド「これは戦いとは言えない」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース