TOP > ニュース

【K-1】自分の甘さに気付いた大雅「誰が相手でもKO狙う」

2017/09/02(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

得意の飛びヒザ蹴りを放つ大雅。王者になる前の野性味溢れるファイトスタイルを取り戻せるか

 9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~』に出場する、K-1スーパー・フェザー級王者・大雅(TRY HARD GYM)が1日(金)神奈川の所属ジムで公開練習を行った。

 世界三冠王スタウロス・エグザコスティディス(ギリシャ)を迎え撃つ大雅は、1Rのミット打ちを披露。スピードと威力のあるパンチ、三日月蹴り、得意の飛びヒザ蹴りなどをミットに叩き込んだ。

「コンディションはいつもと変わらず、今の段階では調子がいいです」と大雅。前回6月の皇治戦での試合内容に納得がいかず、「6月から9月までずっと練習していました。練習内容は変わらないけれど、気持ちを変えてやってみようと思いました」と、練習に明け暮れていた。

 その気持ちとは「前回はスポーツをしすぎた。意外と冷静だったんです。この前の試合は、今のテクニックを持って前のような気持ちだったら1RでKO出来ていたはず。チャンピオンになって追われる立場になったのもあるけれど、勝つのが当たり前のような試合だったので」と、挑戦する気持ちが薄れていたという。

「もっと強い選手とやらせて欲しいとずっと思っていたんですよ。ぶっちゃけ、前回の相手とはやりたくなかった」とモチベーションが上がらなかったようだ。

「そこが甘かった。誰が相手でもKOを狙って行きたい」と気持ちを引き締めて臨む今回の相手スタウロスについては、「試合の映像を見ましたがゴリゴリ来る選手なのでぶつかり合って行く。見た感じでは今までやってきた相手の中で一番パンチが強そう」と評するが、「めちゃめちゃ楽しんでやりたい。スピードは全然自分の方が上なので、集中して相手のパンチをもらわなければ大丈夫」と、今回は試合を楽しむことがテーマだと話す。

「相手はけっこう強いと思うので楽しみ。ワクワクします」と、大雅は前回の汚名を返上する試合を見せると語った。

●編集部オススメ記事
・大雅が世界三冠王と激突「一発ももらわず倒したい」
・因縁の対決に終止符打った大雅「倒せる選手にならないといけない」

【大会・チケット情報】 9・18 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース