TOP > ニュース

【K-1】皇治が余裕発言を連発「島野のパンチは当たらない」

2017/09/02(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

公開練習でキレのある動きを見せた皇治

 9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~』に出場するISKA世界ライト級王者・皇治(SFK)が2日(土)都内で公開練習を行った。皇治はスーパーファイトでMA日本スーパーフェザー級王者・島野浩太朗(菅原道場)と対戦する。

 6月の大雅戦前の減量で苦戦したことを踏まえ、「今回はいい感じで減量できているので調子はめちゃくちゃいい」という皇治は、この日の公開練習でシャドーボクシングとミット打ちを披露し仕上がりの良さをアピールした。
 
 K-1に参戦するようになってからパワー系のトレーニングに力を入れてきたが、今回の試合に向けてはスピード重視のトレーニングを重視してきたことで手応えを感じているという。「原点回帰じゃないけど余計な事をせんと、動きを戻して本来の動きをしたら勝てるだろうと。今の俺はめちゃくちゃ速いですよ」とニヤリ。

 対戦する島野は強打を持ち味としておりKOを量産しているが、「俺にパンチは当たらない。レベルの差を見せ付けてやります。バーンと倒すのもいいし、時間をかけてじっくりと俺の強さを見せて勝つのもいい。まるこめちゃん(=島野)はトップレベルでやる選手じゃない」と余裕のコメントを連発する。

 島野戦後には、来年3月のさいたまスーパーアリーナでのビッグイベント出場を目標に掲げ、「俺がやりたい相手はあいつ(=武尊)しかおれへん。今回は3月に向けた調整試合じゃないけどしっかり勝つ姿を見せる」と狙うは武尊の首一つだとした。

●編集部オススメ記事
・あわや大乱闘、皇治の挑発に大雅がブチギレる
・皇治が大雅と武尊に「クソガキども、調子にのっとれ」

【大会・チケット情報】 9・18 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック