TOP > ニュース

【英雄伝説】ゲーオに中国トップファイターが5年越しのリベンジ挑む

2017/09/03(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ゲーオ(右)の対戦相手は5年越しのリベンジを誓うウェイ(左)

 9月9日(土・現地時間)中国・山東省泰安市の泰安市体育館(約8,000人収容)で開催される格闘技大会『2017英雄伝説アジアチャンピオンシップトーナメント準決勝in泰山』。

 同大会に出場が決まっていた初代K-1スーパー・ライト級王者ゲーオ・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックスジム)の対戦相手がリュウ・ウェイ(中国)に決まった。

 ウェイは2011年9月の『Krush.12』に初来日。当時Krush -63kg王者の梶原龍児に判定で惜敗し、翌2012年4月には中国・山東省で開催された『英雄伝説2012アジア65㎏級チャンピオントーナメント』の8人トーナメント準決勝でゲーオと対戦して、KO負けを喫している。

 しかし、この経験をバネに、その後は数多くの欧米、タイ、日本人選手たちから勝利を飾り、2015年には英雄伝説-64kg級アジア王座を獲得。今や英雄伝説を牽引するトップファイターに成長を遂げた。今回の対戦はウェイにとって、ゲーオへの5年越しのリベンジマッチになる。

 また、今大会では現在4階級で開催中の「2017英雄伝説アジアチャンピオンシップトーナメント」の準決勝が行われ、-64kg級で石田勝希(RKS顕修塾)が出場予定。

●編集部オススメ記事
・K-1王座失ったゲーオが中国で再起戦
・野杁が日本人初のゲーオ越え、タイトル奪取

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース