TOP > ニュース

【ボクシング】中村アン、井上尚弥のKO勝ち期待

2017/09/04(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ボクシングと井上尚弥の魅力について語った中村アン。試合当日は現地レポーターを務める

 9月9日(土・現地時間)アメリカ・カリフォルニア州カーソンのスタブハブセンターにて、WBO世界スーパーフライ級王座6度目の防衛戦を行う王者・井上尚弥(24=大橋ジム)に、モデルでタレントの中村アンがエールを送った。

 中村は「仕事で初めてボクシングを生で観戦しましたが、間近でみる迫力にすっかりはまってしまいました。ボクシングの魅力は、戦っている選手の姿が純粋にカッコいいと思います。あとは何が起こるのか分からない面白さもボクシングにはありますね。選手の粘り強く耐えて戦う姿に、個人的にパワーをもらっています。見終わった後は、とても元気になれるんです」と、ボクシングの魅力を語る。

「井上選手の試合は今まで3、 4回、会場で観戦しています。彼の魅力はとてもクールなところ。すごく整った顔立ちで、戦っている最中も、なぜだかあまり顔が腫れないですよね(笑)。スマートというか全てが完璧というイメージ」と評し、「彼が負けることを誰も想像していないですよね。今回アメリカ初進出ということで、ついに来た! という感じです。やっぱり井上選手がKOするところが見たいですね」と、井上のKO勝ちに期待した。

 今回の挑戦者は同級7位アントニオ・ニエベス(30=アメリカ)。戦績は17勝(9KO)1敗2分。身長は井上の方が高い(164㎝、ニエベスは163㎝)が、リーチは井上が171㎝に対してニエベスが174㎝と長い。今年3月に初黒星を喫したばかり。

 中村アンは9日(日本時間10日)の試合直前に無料放送される『いよいよゴング!井上尚弥&ロマゴン ダブル世界戦』で現地の模様をリポートする。

●編集部オススメ記事
・井上尚弥が圧巻のKO勝ちでV5
・中村アン、柔術に初挑戦「難しいけど楽しい」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース

イベント日程
2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック