TOP > ニュース

【K-1】”ブルドーザー”ハン・ウェンバオ、塚越戦は「決して後ろに下がらない」

2017/09/05(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

”ブルドーザー”の異名通り、ゴツイ身体をしているウェンバオ

 9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~初代ウェルター級王座決定トーナメント~』の1回戦で、第5代Krush-67kg王者・塚越仁志 (K-1ジム・シルバーウルフ)と対戦するハン・ウェンバオ(中国)のコメントが、主催者を通じて届いた。
 
 K-1出場が決まった時の心境について「少し期待して待っていたけど、正式にオファーがあった時は驚いたよ。K-1は世界中のファイターが自分の実力を証明する場であり、ファイターの能力を肯定する場でもある。K-1からのオファーに感謝するとともにファンの皆さんを失望させないよう頑張りたい」と語るウェンバオ。

 現在の練習環境は「中国の大東翔クラブでトレーニングしていて、日々自分の欠点を補うことにポイントを置いている。多用なステップやコンビネーションの習得にも力を注いでいて、チームメイトやトレーナーと相談しながら動作を確認することもあるんだ。初代K-1ライト級王者のウェイ・ルイ、一番仲の良いユン・チーたちと一緒に切磋琢磨しているよ」と充実した練習が出来ているという。

 続けて「自分はパンチを得意にしているけど、それはまさに反復練習の賜物だ。もちろん試合までにもっともっと努力して、更に強いパンチに仕上げるつもりだよ。自分は中国で“ブルドーザー”と呼ばれていて、その名の通り相手にプレッシャーをかけ続けて前に出る。決して後ろに下がらないので、それを日本のファンに見てほしいね」とアピールした。
 
 対戦相手の塚越については「試合映像を見て、非常に強い選手だという印象を受けた。彼は打ち合いに強く、闘争本能もある。自分にとって学ぶことが多い選手だと思うよ。だけど試合になったら勝つのは僕だ」と自信満々。さらに「準決勝には木村“フィリップ”ミノル選手が勝ち上がってくると予想している。決勝戦は自分とメルシック・バダザリアンの対戦になるだろうね。バダザリアンは(チームメイ
トの)チュー・ジェンリャンさんとも試合をしたことがあって、とても実力のある選手だね」と最も警戒すべきは優勝候補と目されているバダザリアンだという。

 最後に「ファンの皆さんこんにちは、ハン・ウェンバオです。私のことを知っているファンの皆さんはまだ少ないと思うけど、皆さんの記憶に残るような熱いファイトを約束する。9月18日、K-1のリングで会おう」とファンへメッセージを送った。

●編集部オススメ記事
Krush王者・塚越「世界一はKrush。K-1に喧嘩を売る」
木村”フィリップ”ミノル「冷たい目の久保選手が楽しみ」

【大会・チケット情報】 9・18 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック