TOP > ニュース

【M-ONE】ゴンナパーに挑戦する潘「番狂わせ起こす」

2017/09/18(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

2度目の防衛戦を行うゴンナパー(左)。挑戦者は急成長を遂げている潘(右)

 9月18日(月・祝)東京・ディファ有明にて開催の『M-ONE 2017 2nd』に出場する選手たちのコメントが主催者を通じて届いた。

 第8試合でWPMF世界スーパーライト級王座の2度目の防衛戦を行うゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックス)は、「蹴りいっぱい、キックいっぱい、パンチいっぱい、ヒジいっぱい練習してきました」とまんべんなくムエタイの技を強化してきたと言い、挑戦者のWPMF日本スーパーライト級王者・潘隆成(ぱん・りゅんそん/クロスポイント吉祥寺)については「普通に何でも上手にやれる選手だと思う」とオールラウンダーだと評する。

 出場するタイ人選手7名、日本人選手はほぼ全員が王者クラスという豪華な今大会で「18日に向けて毎日必死に練習してきました。他のカードに負けないように頑張りますので、応援してください」と意気込む。

 また、初防衛を果たしたら「次はK-1チャンピオンになりたい。ウェイ・ルイ(K-1ライト級王者)とは5Rで戦いたい(笑)」と、一度敗れたルイとの再戦を目標にするという。

 挑戦者の潘は「攻撃力があって強い選手」とゴンナパーを評し、「相手の弱点をつけるような練習をしてきました」と攻略に手応えありの様子。「下馬評では不利ですが、当日はアップセットを起こしてベルトを巻きます」と番狂わせを予告した。

三冠王・八神(左)がWPMF王座の初防衛戦。挑戦者は二階級制覇を狙う鷹大(右)

 第9試合でWPMF日本フェザー級王座の初防衛戦を行う八神剣太(レジェンド横浜)は、挑戦者の元WMC世界&WPMF日本スーパーバンタム級王者・鷹大(WSRフェアテックス西川口)を「名門ジム所属だし、タイトルも持っているし、強いんだろうなぁ、嫌だなぁ…という印象です」と何とも弱気なコメント。

「対策は毎試合していないです。当日にリングで向かい合って、鷹大選手の距離感やリズムを見ながら対策していきます」と臨機応変に対応したいと言い、「ムエタイの大会に、ムエタイスタイルと掛け離れたスタイルの選手がいます。楽しんでもらえる試合をします。約束は出来ないけれど…」と最後まで弱気だった。

 挑戦者の二階級制覇を狙う鷹大は「トリッキーでやりづらい」と八神の変則スタイルを警戒するが、「対策は練りようが無いのでいつも通りです(笑)」と自分のスタイルで挑むとした。そして「キック人生の全てを懸けて獲りにいきます」と王座奪取を誓った。

●編集部オススメ記事
・出場日本人選手がほぼ全員王者の豪華大会、4大タイトルマッチも
【試合動画】ゴンナパー、元新日本王者・石井をヒジ葬

【大会・チケット情報】 9・18 ウィラサクレック・フェアテックス「M-ONE 2017 2nd」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース