TOP > ニュース

【M-ONE】ムエタイ天才少年・佐々木、防衛果たして世界へ

2017/09/18(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

17歳の三冠王・佐々木(左)に、35歳の二冠王・薩摩(右)が挑む

 9月18日(月・祝)東京・ディファ有明にて開催の『M-ONE 2017 2nd』に出場する選手たちのコメントが主催者を通じて届いた。

 最終試合となる第11試合でWPMF日本スーパーフライ級王座の初防衛戦を行う王者・佐々木雄汰(尚武会)は、挑戦者のREBELS-MUAYTHAI&第20代MA日本フライ級王者の二冠王・薩摩3373(さつま・さざなみ/TARGET)について、「相手選手は自分よりベテランだと思っているので全力で頑張ります」とし、「対策は試合中に会長と作戦を作るので考えてないです」という。

 17歳にして三冠を保持する“ムエタイ天才少年”佐々木は「目標は世界チャンピオンになること。戦いたい相手は国内にはいないです」と言い、「今回の試合で防衛して早く世界で活躍できるよう頑張りますので応援よろしくお願いします」と、世界への飛躍を誓う。

 挑戦者・薩摩は「ジュニアキックの頃から活躍しており、戦い方を熟知している選手」と佐々木を評し、「あまり言えませんが、佐々木選手の弱点を突いていくような対策を練っています」と天才少年攻略に自信をうかがわせる。

 そして「WPMF日本スーパーフライ級のタイトルは過去2回挑戦者決定戦で負けているにも関わらず、今回はタイトルマッチのチャンスを与えていただいたので必ず勝利して同時2階級制覇を果たします」と、3度目の正直を誓った。

 また、第10試合でWPMF日本ライトヘビー級王座決定戦を争うJ-NETWORKライトヘビー級王者・武来安(ぶらいあん/上州松井ジム)と小嶋広樹(WSRフェアテックス幕張)は、武来安が「小嶋選手はとても強くて冷静に戦う選手という印象です。自分の得意技でプレッシャーをかけようと思います。全力で戦ってきます」と意気込み、小嶋は「(相手は)首相撲が強い印象です。その首相撲で負けないように練習してます。今回の試合に勝ってジムにベルトを持ち帰りたいと思います」と語っている。

●編集部オススメ記事
・天才少年・佐々木がTKO勝ち、15歳にして二冠王達成
【試合動画】佐々木雄汰、藤原あらし越えに成功し三冠王に

【大会・チケット情報】 9・18 ウィラサクレック・フェアテックス「M-ONE 2017 2nd」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る