TOP > ニュース

【UFC】サン・プルー「岡見には感謝している」

2017/09/23(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

傷ひとつ無い顔で会見に臨んだサン・プルー

 9月23日(土)さいたまスーパーアリーナに8,571人(主催者発表)の観衆を集めて開催された『UFC FIGHT NIGHT JAPAN』。

 メインイベントで岡見勇信(和術慧舟會東京道場)を1R1分50秒、必殺のヴォンフルーチョーク(変形肩固め)で仕留めたUFCライトヘビー級7位オヴィンス・サン・プルー(アメリカ)が大会後の記者会見に出席した。

最初はフロントチョークの体勢に入ったサン・プルー(上)

 ヴォンフルーチョークは「予定していなかったが、相手に頭に手を回されると自然と手が回ってヴォンフルーチョークの体勢になるんだよ。しっかりかかったのでそのままロックに行ったんだ」と、岡見がフロントチョークの体勢になったことで自然と身体が動いた、と説明。

 打撃を一発も出さずに勝ったことは「前にもあったね。でもそんな数字にこだわりがあるわけじゃない。打撃技を出せるチャンスがなかっただけさ」と、たまたまだという。

これが「ヴァンフルーチョーク」、この状態で岡見(下)の頚動脈を圧迫し続ける

 今大会では当初、マウリシオ・“ショーグン”・フア(ブラジル)との対戦が決まっていたが、ショーグンが負傷欠場となったため、大会6日前に急きょ岡見が代打として出場することになった。そのことについては「相手のことは特には意識していかなったんだ。久しぶりに試合が出来るの嬉しかった。それと、さいたまスーパーアリーナで戦うことが長年の夢だったので、夢がかなった気分さ。気持ちのいい状態で試合に臨めたよ。急な変更にかかわらず、相手を引き受けてくれた岡見には感謝している」と、岡見に対して敬意を表した。

 今後については「自分はこの階級でも強い方だと思っている。新しいコンディショニングのコーチについてもらい、元々の強さに加えてさらに強い自分になって試合が出来た。過去に負けている相手がいるので、彼らに勝ちたい」と、リベンジしていきたいと語った。

●編集部オススメ記事
・『UFC FIGHT NIGHT JAPAN』全試合結果
・日本大会メインのショーグンが欠場、岡見勇信が4年ぶりに復帰

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る