TOP > ニュース

【UFC】3戦ぶり勝利の石原夜叉坊「どうしても勝ちたかったんです」

2017/09/25(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

左ストレートを思い切り放っていく石原(左) Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

 9月23日(土)さいたまスーパーアリーナに8,571人(主催者発表)の観衆を集めて開催された『UFC FIGHT NIGHT JAPAN』。その第6試合に出場した石原“夜叉坊”暉仁(Team Alphamale Japan)のコメントが主催者を通じて発表された。

 石原は2015年に開催された「Road to UFC JAPAN」トーナメントに参戦。決勝まで勝ち上がり、UFCとの契約を勝ち取った。2016年3月から本格参戦を果たすと、2試合連続で左フックからのパウンドでKO勝ち。しかし、同年11月の3戦目で初黒星を喫し、今年1月の4戦目も敗れて連敗を喫してしまった。

声援に応えてガッツポーズする石原 Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

 3連敗すればリリース(契約解除)の可能性が高まるため、石原にとっては崖っぷちの戦いで、ロランド・ディ(フィリピン)を判定3-0で下した。

 石原は「2連敗していたので、この試合はどうしても勝ちたかったんです。日本でファンが応援してくれたおかげで勝てたと思います」と、生き残りを懸けた戦いで勝てたことを喜ぶ。

 試合については「相手の打撃は問題なく受けられました。でも相手は本当にタフなファイターでした。股間に当たったキックはわざとじゃないのは分かっているんで。今後はこの試合に向けてトレーニングしてきた技などを、もう一度コーチである中村優作と相談しながら仕上げていきます」と、早くも次に目を向けていた。

得意のテイクダウン、打撃でも積極的に仕掛けていった安西

 また、負傷により約2年ぶりのUFC出場となった安西信昌(TEAM CLIMB)は、第2試合でルーク・ジュモー(ニュージーランド)に勝利。「2年ぶりの試合だったこともあり、復活戦で負けたくなかったんです。復活して負けたら普通の人になっちゃうので。ここで勝って自分がまだ戦えることを証明して、この2年間の努力が無駄じゃなかったことを見せたいと思っていました。しっかり辛抱強く戦えたと思います」と、石原と同じく生き残りを懸けていた戦いに勝てたことを喜ぶ。

「最初、第1Rの頭から相手のパンチは見えていたので、あとは自分の試合をすることを心がけていました。2Rでもテイクダウンが奪えたので良かったです。フィニッシュできたら良かったんですけれど。次は1試合、1試合勝っていくことが目標になってくると思います」と試合を振り返り、一戦一戦勝利を重ねていきたいと語っている。

●編集部おススメ
・『UFC FIGHT NIGHT JAPAN』全試合結果
石原夜叉坊、KO賞獲得で札束ばらまく宣言
日本大会に石原夜叉坊が出場「生の俺はほんまにやばい」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る