TOP > ニュース

【REAL】双子チャンピオンならず、兄ディミトリーがトーナメント決勝を棄権

2017/09/25(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

コマンドサンボの技術を武器に勝ち続けるパルブチェンコ

 10月21日(木・現地時間)ブラジル・クリチバ・タルマ体育館にて開催されるARZALET FIGHTING GLOBE CHAMPIONSHIP『ARZALET.2』のライト級トーナメント決勝戦に出場予定だった、ディミトリー・パルブチェンコ(ウクライナ)の棄権が発表された。
 
 パルブチェンコは同団体のフェザー級王者ウラディスラフ・パルブチェンコの双子の兄であり、ウラディスラフと同じくコンバットサンボがベース。MMA戦績はデビュー以来、無傷の11連勝をしており、ウラディスラフ以上の優秀な戦績を持つ。
 
 強烈な打撃と極めの強さを武器に、トーナメント1回戦はZSTライト級王者・小谷直之にパウンドでTKO勝利、準決勝では星野大介に腕十字固めで一本勝ちし、圧倒的な強さで決勝戦に勝ち上がった。
 
 今大会でトーナメントを優勝し、双子揃ってのチャンピオン誕生が期待されたが、ディミトリー自身の「個人的な理由」のため無念の棄権となった。なお、このライト級トーナメント決勝戦は中止となり、今後の予定は調整次第、改めて発表となる。
 
●編集部オススメ記事
ARZALET第2回大会もブラジルで開催、48歳の鉄人・大石真丈が参戦
『REAL』が海外ブランド発足、年2~3回開催を予定

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る