TOP > ニュース

【Krush】松下vsCOMACHIの王座決定戦を繰り上げ開催

2017/09/30(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

松下(左)とCOMACHI(右)の4度目の対決はKrush女子王座決定戦として行われる

 12月9日(土)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.83』の記者会見が、8月28日(木)都内にて行われ対戦カード第一弾が発表された。

 9月大会から開幕した「初代Krush女子-45kg王座決定トーナメント」の決勝戦、松下えみ(36=T-KIX GYM)vs COMACHI(19=MSJキックボクシングジム)が行われる。

 準決勝で優勝候補と目されていた平岡琴を破った松下は、J-GIRLS&Bigbang女子ピン級王者の二冠王で18勝8敗1分の戦績。スタミナと手数の多さが持ち味。本物の花で作るアクセサリーを販売する会社の代表兼デザイナーという肩書きを持つ。

 KOS女子ピン級王者443(よしみ)を準決勝で破ったCOMACHIは6才から格闘技を始めており、空手とキックを合わせアマチュア戦績は100戦を超える。プロでは17勝(1KO)8敗の戦績で、WPMF日本ピン級王座を保持。ハイキックを得意とし、“ハイキック小町”の異名を持つ。

準決勝で優勝候補の平岡(左)をパンチ連打で圧倒した松下

 当初、この試合は2018年1月大会で行われる予定だったが、12月大会で女子-50kgタイトルマッチとして王者メロニー・ヘウヘスvs挑戦者・KANAが決定したことにより、「今年から女子が2階級になったことで、二つのタイトルマッチを並べて実施する方がいいと思い、両選手サイドにオファーしたところ『早く試合をしたい』という意思を確認し、今大会で行われることになりました」(宮田充プロデューサー)という。

 両者は過去3度対戦しており、松下が2勝1敗で勝ち越している。今回が4度目の対戦となった。

準決勝で443(左)に左ハイキックをクリーンヒットさせたCOMACHI

 松下は「COMACHI選手は小さい時から格闘技をやっていて、とても技術もあって素晴らしい選手だと思っています。今回の試合は楽しみにしていますし、ベルトを必ずを獲りたいと思います。。COMACHI選手は足技も得意ですが、パンチも油断していません。コンビネーションで距離を取る技術もあるので、2カ月半しっかり準備をして技術の足りないところや気持ちが行き過ぎる面などを改善し、良い所も伸ばしていきたいです。過去に(COMACHIに)勝っているからとあぐらをかくことはなく成長していきたいと思います」と、気を引き締める。

 対するCOMACHIは「松下選手という尊敬できる選手と大きな舞台で戦わせてもらってありがたく思います。試合では必ず勝ちたいので、あと2カ月半練習して、身体作りをして自分の持っているものを出して勝ちたいと思います。大会当日は福岡からたくさん応援に来ていただけると思うので、ベルト獲って恩返ししたい。松下選手は前に出てくる選手なので、打ち合うところは打ち合って自分の攻撃を当てる試合になると思います」と、必勝を誓った。

 果たして、初代王座に就くのは松下か、COMACHIか。

●編集部オススメ記事
・トーナメント準決勝が行われた「Krush.80」全試合結果
・女子新王座決定トーナメント開幕

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース