TOP > ニュース

【Krush】西京が武尊を苦しめた相手と対戦希望

2017/10/02(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

小澤に完勝し実力の高さを証明した西京

 10月1日(日)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.81』の一夜明け会見が、2日(月)都内で行われた。

 Krush -58kgタイトルマッチにて、K-1で過去2度にわたって武尊と激闘を繰り広げている王者・小澤海斗をダウンさせて王座を奪取した西京春馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が出席。「前回(6月のK-1でも西京がダウンを奪って判定勝ち)小澤選手に勝って、向こうも凄くやる気が入っていて緊張感のある試合が出来ました。勝ててホッとしています」と試合を振り返る。

強い左のパンチを打ち込んでいった西京(右)

「次は先手で自分から前へ出ようと決めていました。小澤選手が1Rはローを蹴って確実に勝ちに来ているなって思ったんですが、3Rは小澤選手の気迫が伝わってきて後半は若干心が折れそうになりました。1・2Rは必死に倒そうと思っていたんですが、ダウンを取ってからは気が抜けたところがあって。そこで小澤選手が前に出て来て、試合中に初めて“怖いな”と思いました。今まで試合の時は全然緊張しなかったんですが、タイトルマッチは独特の雰囲気があって今までで一番緊張しました」

 2Rにダウンを奪った左ストレートについては、「まずジャブをいっぱい突いて。今回は蹴りではなくパンチのスタイルで行こうと思っていて、ストレートがガードの間に入ってタイミングよく倒れたなって感じです。今回はカウンターではなく自分からフック、ストレートを打っていこうと思っていました。パンチのスピードと威力が増したと自分でも思いました」と、作戦通りだと明かす。

弟のK-1甲子園2016 -60kg王者・佑馬(左)とツーショット

 高校は進学校で「みんな大学や専門学校に進学して、就職したのは僕ぐらい」だったと言うが、それは「格闘技だけで生活をしたかった。キック一本で行くと決めて、チャンピオンになれば多少は安定するんじゃないかと、覚悟を決めて試合に挑みました。(偏差値の高い学校だった)そうなんですよ。だから、この道へ行くのは挑戦でした」と、今回のタイトルマッチに懸けていたという。

 次の目標は「K-1の世界チャンピオンを目指してやってきたので、最終目標はK-1でベルトを獲ること。今はKrushのベルトが獲れたのでしっかり防衛していきたいと思います」と、まずは防衛戦だとした。

 現在K-1のフェザー級王座(-57.5kg)には同門の先輩である武尊が就いており、「そこは難しいですね。練習でもいつも一緒だし、試合をするのは今は想像がつかないです」とし、「最近だと武尊さんとやったワン・ジュングァン(中国)とはやってみたいと思いましたね。Krushでの試合と武尊さんとやった試合ではスタイルが違って上手いなって思いました。ベルトは獲りましたがこれがゴールではなく、ここからがスタートなのでもっと上を目指していきます」と、まずは武尊と対戦した相手とやってみたいと語った。

●編集部オススメ記事
・「Krush.81」全試合結果
・武尊、“中国の武尊”ジュングァンに苦戦ながらも勝利

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る