TOP > ニュース

【KNOCK OUT】初参戦・野呂が那須川天心を頂点とする55kg戦線へ名乗り

2017/10/03(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

那須川へのリベンジを狙う宮元(左)と、今回が初参戦となる野呂(右)

 10月4日(水)東京・後楽園ホールで開催される『KNOCK OUT vol.5』の前日計量が、3日(火)都内にて行われた。計量は全選手が一発でクリアー。

 旗揚げ戦以来の本戦出場となるWPMF世界スーパーバンタム級王者・宮元啓介(橋本道場)はリミットちょうどの55.5kg、対戦する初参戦のMuayThaiOpenスーパーバンタム級王者・野呂裕貴(エスジム)は55.4kgでそれぞれ計量をパス。

 宮元は「相手は強い選手ですが、僕が倒してKOしたいと思います」、野呂は「いい試合をしてKNOCK OUTファンの皆さんに僕の名前を憶えてもらえるように頑張ります。そしてKNOCK OUTの55kg戦線に入っていけるように頑張ります」と、この試合に勝って那須川天心を頂点とする55kg戦線へ名乗りをあげると宣言した。

復帰戦へ向けて気合いの入った表情の大月(左)と中尾(右)

 昨年12月のKNOCK OUT旗揚げ戦第1試合で壮絶なKO劇を演じ、KNOCK OUTの歴史の幕を開けた元WPKC世界ムエタイ&全日本ライト級王者・大月晴明(マスクマンズ)が、今大会でも第1試合に登場。計量は大月が63.4kg、対戦相手の元新日本キックライト級暫定王者・中尾満(エイワスポーツジム)がリミットちょうどの63.5kgでそれぞれ計量をパスした。

「一生懸命に頑張ります」と控えめなコメントを残した中尾に対し、大月は「明日は骨折(3月の試合で腕を骨折)からの復帰戦ですがいつも通りに、最近は打ち合うスタイルなので最初からガンガン行きます。絶対に倒しますから、期待してください」と速攻勝負でKOすると予告。

KO決着必至の激戦が予想されるタネ(左)と能登(右)

 6月大会に初参戦し、8勝のうち7勝がKOという自慢の強打でスーパールーキー石井一成を1Rでマットに沈めたNJKFフライ級王者・能登龍也(VALLELY KICKBOXING TEAM)、その対戦相手である高校生ながら9勝(4KO)無敗の戦績を誇るDEEP☆KICK 53kg級王者タネヨシホ(直心会)は、共に50.8kgで契約体重の51.0kgをパス。

 能登は「タネ選手は強い選手ですが、噛み合うと思うので絶対にKOして勝ちたい」、タネは「しっかりKOする」とそろってKO勝ちを誓った。

今大会唯一の国際戦となったギフン(左)vs山口(右)

 そして、激闘派ファイターとして各団体に引っ張りだこの人気選手となったWBCムエタイ日本&INNOVATIONスーパーライト級王者・山口裕人(山口道場)は63.4kg、対する韓国ライト級王者ジュ・ギフン(韓国/Bu gwang gym)は63.0kgで共に契約体重の64.0kgをパスしている。

 いつもは威勢のいい山口だが、今回は「ずっと負けこんでいるのでそろそろ明日は勝ちます」と、とにかく勝ちたいとコメント。一方、前回の来日でも強気だったギフンは「勝つために日本へ来た。明日はKOで勝ちます」とやはり強気なコメントを残した。

●編集部オススメ記事
・大月晴明復帰戦の相手決定、SB鈴木博昭が初参戦で水落洋祐と対戦
・日韓の激闘派が真っ向勝負、KO決着必至

【大会・チケット情報】 10・4 株式会社キックスロード「KNOCK OUT vol.5」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る