TOP > ニュース

【RIZIN】桜庭、フランク、バンナが計量クリアー

2017/10/15(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

フランク(右)は桜庭(左)をアームロックに捕えて、ステージから落とそうとした

 10月15日(日)マリンメッセ福岡にて開催の『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント1st ROUND-秋の陣-』に出場する全選手の計量が、14日(土)福岡市内にて16:30より行われた。

 PRIDE時代にファンの誰もが望んでいた“夢のカード”桜庭和志(フリー)vs元UFCミドル級王者フランク・シャムロック(アメリカ)が、グラップリングルールでついに実現する。

桜庭とフランクのおふざけに巻き込まれた高田統括本部長

 フランクは83.25kg、桜庭は82.10kgでそれぞれ契約体重の84.00kgをクリアー。写真撮影では拳を握ってファイティングポーズをとった桜庭だが、フランクにうながされ両者手を開いて腰を落としたレスラーの構えに。

 フランクはいきなり桜庭をアームロックに捕えたり桜庭の乳首をつまんだりと笑いを誘い、さらには両者が立会人の高田延彦RIZIN統括本部長にも襲い掛かるなどのエンターテイナーぶりを発揮した。

バンナ(左)vsマルティネス(右)のスーパーヘビー級対決

 契約体重120kgのスーパーヘビー級対決は、ジェロム・レ・バンナ(フランス/Le Banner team)が113.55kg、第6代DEEPメガトン級王者ロッキー・マルティネス(グアム/スパイク22)が119.05kgでそれぞれ計量をクリアー。ガッチリと握手を交わした。

●編集部オススメ記事
・【コラム】フランク・シャムロック、18年越しの桜庭戦への想い
・2年ぶり復帰のジェロム・レ・バンナ「日本のためなら死んでも構わない」

【大会・チケット情報】 10・15 RIZIN FF事務局「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 男子バンタム級トーナメント&女子トーナメント1st ROUND -秋の陣-」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース