TOP > ニュース

【Aリーグ】前王者・晃希が1年ぶりの復帰、タイトル獲りへ

2017/10/22(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

11・19Aリーグ大会ポスター

 11月19日(日)宮城・東松島市にあるDRAGON BOXING STADIUM(以下DBS)で東北最大のアマチュア大会『Aリーグ38DX』が開催されることが決定した。

 メインイベントは前DBSライト級王者・晃希(TeamSRK)が約1年の充電期間を経てスーパーライト級に階級を上げて復帰戦を行うプロマッチ。新設されたDBSスーパーライト級王者決定戦で晃希はスアスミン・セーンモラコット(セーンモラコットムエタイジムJAPAN)と対戦する。

 晃希はこれまでにDBSライト級王者、UKFインターナショナルライト級王者、RKAライト級王者を獲得。昨年9月のZONE沖縄大会にて行われたRKAライト級タイトルマッチでKJヒロシに4RKO負けを喫して以来の試合となる。

蹴りを得意とする晃希

 対するスアスミンは日本では無名だがタイを主戦場にしているムエカオ(ヒザの選手)で52戦のキャリアを持つベテラン。今年はパタヤMAXMUAYTHAIスタジアムにも出場している。肉体改造しパワーアップした打撃で晃希が復活を遂げるのか? それともスアスミンがヒザ地獄でタイトル奪取か。

 セミファイナルではDBS名勝負男として知られる白岩義也(DRAGON石巻)が引退試合。白岩はドラゴンジム石巻支部の支部長を努めておりDBSでは数々の名勝負を繰り広げてきた。対戦相手の成澤龍(SRC)とは過去に2戦して2勝しているがいずれも接戦。リベンジの機会を狙っていた成澤は必ず勝って引導を渡すと燃えている。

 そして年末恒例の一般男子による3017DBSアマチュア王者決定トーナメントが5階級(フェザー、ライト、ウェルター、ミドル、ヘビー)で行われる。各階級の優勝者には豪華なDBSのチャンピオンベルトが贈呈。他にもキッズトーナメントや一般、レディース、キッズ、マスターズのワンマッチを予定。現在参加選手を募集中でエントリー用紙はドラゴンジムHPからダウンロード。締切は11月6日必着。会場のDBS外ではフレンチ居酒屋runpuとしゃぶしゃぶのしゃぶ家によるカレーバトルも行われる。

 なお、前売りのリングサイド指定席はすでに完売、あとは当日券(2,000円)のみとなっている。

PINK DRAGON
「Aリーグ 38DX」
2017年11月19日(日)宮城・ドラゴンボクシングスタジアム
開場10:45 開始11:00

<決定対戦カード>

▼メインイベント DBSスーパーライト級王者決定戦 3分5R
晃希(TeamSRK/前DBSライト級王者)
vs
スアスミン・セーンモラコット(セーンモラコットムエタイジムJAPAN)

▼セミファイナル 白岩義也引退試合 3分3R
白岩義也(DRAGON石巻/DBSフェザー級3位)
vs
成澤龍(SRC/DBSフェザー級4位)

<チケット料金>
特別リングサイド指定席5,000円(完売) 自由席2,000円
※小学生以下無料

<会場>
ドラゴンボクシングスタジアム
宮城県東松島市大曲字堺堀140-3

<問い合わせ>
PINK DRAGON=TEL:022-291-1966 

●編集部オススメ
・アイドルユニットのメンバーが活動休止しプロデビューへ
・15歳の沖縄新鋭・上間がプロデビューのアイドルを戦慄のKO
・81戦目の藤原あらし、元ラジャダムナン王者に大苦戦も逆転KO勝利
・地上最も過激な格闘技でZONE金子がKO勝ち
・SEI☆ZA最強女子と戦うアイドルが超過激格闘技で激突

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース