TOP > ニュース

【DEEP JEWELS】“くびれ”が美しすぎる女子格闘家、再び参戦

2017/10/25(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

“くびれ美女格闘家”まど花(左)とキックから転向した宗田(右)が初勝利を目指して2度目の参戦

 12月3日(日)東京・新宿FACEにて開催される女子総合格闘技『DEEP JEWELS 18』の追加対戦カードが発表された。

 5月大会でプロデビューしたまど花(フリー)が第2戦に臨む。対戦相手は8月大会で初参戦した宗田智美(HIDE’S KICK!)。

 まど花は元々フィットネス感覚でキックボクシングを始めたが、本格的に格闘技がやりたくなって“世界のTK”ことUFCやRIZINで活躍した高阪剛率いるALLIANCEに入門。週6日、毎日3~4時間みっちりと練習して入門から約半年でプロデビューした。得意技はTKシザース(高阪の代名詞でもある技で、マウントをとられた状態で上の相手の胴に自分の脚をからめて上下を入れ替える技)とチョークスリーパー。

計量時にもくびれポーズを忘れないまど花

 前日に行われた計量で、カメラを向けられると自慢のくびれボディをひねって「ジョジョ立ち」のようなポーズを取り、くびれ美人ぶりをアピールして話題となった。

 しかし、そのデビュー戦では15歳の現役女子高生ファイター古瀬美月(Y&K MMA ACADEMY)のハイキックで1R1分59秒、マットに沈んだ。今回は心機一転して所属がフリーになり、プロ初勝利を目指す。

 対する宗田は2011年にプロデビュー。シュートボクシング、キックボクシングと打撃系格闘技で10戦以上を経験後、今年2月にMMA(総合格闘技)転向を決意。8月大会ではアマチュアルールで12歳の天才格闘少女モモと対戦し、パンチやヒザ蹴りでモモを苦しめるも判定負けした。こちらも初勝利を目指す。

対戦相手とのフェイスオフでもくびれポーズで挑発

<追加対戦カード>

▼DEEP JEWELSアトム級
宗田智美 (HIDE’S KICK)
vs
まど花(フリー)

●編集部オススメ
・“世界のTK”弟子のくびれ美女vs現役女子高生=計量
・まど花のデビュー戦が行われた5月大会の全試合結果


【大会・チケット情報】 12・3 DEEP事務局「DEEP JEWELS 18」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース