TOP > ニュース

【K-1】人命救助ファイター小宮山が秘策用意「3つの技で倒す」

2017/10/31(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

公開練習で飛びヒザを披露する小宮山

 11月23日(木・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代K-1 WORLD GPヘビー級王座決定トーナメント~』で、スタウロス・エグザコスティディス(ギリシャ)と対戦する元RISEスーパー・フェザー級王者・小宮山工介(K-1ジム北斗会館)が神奈川・武蔵新城にある所属ジムにて公開練習を行った。

 昨年9月のスーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント以来の復帰戦となる小宮山。トーナメントでは一回戦でパウロ・テバウに勝利したものの、左足の負傷で準決勝を棄権する形となった。

 負傷そのものは試合前から痛めていた箇所を悪化させたもので「怪我をした直後は左足がものすごく腫れてしまって歩くのも厳しい状況でした。そこから日が経つに連れて歩けるようになって、走れるようになって、リハビリをして……ちょうどK-1ジム北斗会館のオープンに併せて指導や自分の練習を始めました」という。

 小宮山は7月に徳島県鳴門市で交通事故現場に遭遇し、炎上している車の窓ガラスを右のヒジ打ちで破壊して人命救助活動を行った。事故現場に遭遇したのは少林寺拳法の先生のもとを訪れる途中で「他にもテコンドーの先生、総合格闘技の先生……色んな格闘技の人たちとコミュニケーションをとって技術交流を続けていました。自分の中で固まっていたイメージが膨らみましたね。今まで出せなかった技もあるし、まだまだ試合で使える技はたくさんあると思います」と怪我からの復帰だけでなく進化・成長にも手応えを感じている。

 対戦相手のスタウロスは9月のK-1初参戦で現スーパー・フェザー級王者・大雅にKO勝ちしているギリシャのハードパンチャー。小宮山も「大雅戦とそれ以外の試合も見たんですけどパンチは本当に強い」と警戒するものの「あの振り回すパンチは僕には当たらない」と断言し「スタウロス選手の映像を見て、色々なインスピレーションが沸いてきました。(倒す技は?)パンチと蹴り、そして新たに使える技。この3つを用意しています」と秘策があることを明かしている。

 スーパー・フェザー級は防衛戦の度にチャンピオンが代わり、スーパーファイトでチャンピオンが敗れている超激戦区。小宮山は波乱の階級での戦いに挑む心境を語った。

「今の目標はK-1チャンピオンになること。そして見ている人たちに僕が復帰することで何かを感じてもらえたらと思います。そして一緒に勝利を分かち合えたら最高です。交通事故現場で救出した方は今も病院通いされているようで、勤め先の社長さんが挨拶に来てくださって『応援にいきます』と言ってもらいました。いい意味でプレッシャーを感じることが出来ています。1年2カ月ぶりの試合で楽しみでワクワクしているので、みなさんもぜひ楽しみにしてください」

 小宮山は華麗に復帰戦を飾ることが出来るか。

●編集部オススメ
・人命救助の小宮山「肘でレンガの破壊はあるが車のガラスは初」
・武尊がマイティ・ソーのコスプレ、ハルクの把瑠都と「戦いたくなった」
・武尊が半年間の休養、次戦は2018年3月を予定
・武居「元悪ガキvsサンディエゴの元ギャングをお楽しみに」
・人命救助の小宮山工介が復帰、大雅をKOしたスタウロスと対戦

【大会・チケット情報】 11・23 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN 初代ヘビー級王座決定トーナメント」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース