TOP > ニュース

【K-1】中澤純「僕はピークを登っているけど、大和選手は過ぎている」

2017/11/08(水)UP

念願のK-1初参戦を目前にする中澤純。勝ってタイトルマッチの道に繋げられるか

11月23日(木・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~初代ヘビー級王座決定トーナメント~』で、スーパー・ライト級のスーパーファイトに出場する中澤純(27=TEAM Aimhigh)の試合直前コメントが主催者を通じて届いた。

 中澤は今年4月に小宮由紀博を接戦で破り、Krush-65㎏級トーナメントで優勝。8月の初防衛戦ではK-1ファイターの左右田泰臣と激しい打ち合いの末、判定防衛に成功しており、現在6連勝中だ。

 今回の対戦相手の大和哲也(29= 大和ジム)は、プロキャリア12年の大ベテランでWBCムエタイ世界スーパー・ライト級王座など数々のタイトルを手にしている。4月のK-1代々木大会ではHIROYA、8月のKrush名古屋大会ではアンゴラ出身のエルソン・パトリックと、両者ともにパンチでKO勝利するなどこちらも波に乗っている。

今年8月にはK-1ファイター・左右田泰臣の挑戦を受け、激闘の末これをしりぞけた

中澤は、2014年に大和哲也の後輩である大和侑也と戦った。「セコンドだった大和選手に声をかけてもらい、テレビで見ていた激闘派の選手に褒めてもらえ嬉しかったです。ただ今の自分の対戦相手として考えたら、普通に勝てる相手だと思っています」とリスペクトしつつも強気な姿勢。

 「大和選手は早い段階でチャンピオンになって、もうピークを登り切ったと思うんです。ピークを登ったら、その後は落ちていくだけ。だからこそピークを迎えるタイミングを逃してはダメだと思うし、僕はピークを登っているところ。でも大和選手はもうピークを過ぎているでしょうね」と持論を展開する。

 大和に勝てばK-1スーパー・ライト級のタイトル挑戦の可能性も出る。「大和選手に勝てばそれも現実になると思います。1年半前に僕がK-1で大和選手と戦うことになると思っていた人はほとんどいないですよね?でも僕が大和選手に勝てば『来年3月のタイトルマッチの挑戦者は中澤でしょ!?』と言われるようになると思います。ここで結果を出せば明るい未来が待っているでしょうね」と熱く語る。

 中澤のK-1に対する思いは大きい。「子供の頃はK-1のヘビー級選手になるために、ずっと牛乳を飲んでました。結果的に身長は170cmにしか伸びませんでしたが。中学生の時、魔裟斗さんがK-1MAXで活躍する姿を見て『俺も魔裟斗になりたい』『K-1チャンピオンになりたい』と思いましたね。だからK-1を見ていなかったら格闘技をやっていなかったでしょう」
 今大会ではヘビー級のトーナメントもあるが「そのヘビー級を越えるような熱い試合をする」と意気ごんだ。

【大会・チケット情報】 9・18 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース