TOP > ニュース

【J-NET】「NJKFキラー」がJ-NETランカーに狙いを定める

2017/11/09(木)UP

連勝中で波に乗るSHUN(左)が、「J-NETキラー」の名を狙うHAYATO(右)を迎える

 12月10日(日)東京・新宿FACEにて開催される年末の恒例イベント『J-NEXUS 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~DAY』の追加対戦カードが発表された。

 J-NETWORKスーパーフェザー級4位のSHUN JANJIRA(JANJIRA GYM)が参戦。NJKFを主戦場とするhayato(FOKAI JAPAN)と対戦することが決定した。

 SHUNは2015年2月のデビュー以降、無敗のままJ-NETWORKフェザー級王者挑戦者決定トーナメントに挑んだが、判定負け。8月の試合でパンチに定評のある光太朗ZLSを判定で下し再起を飾ると、10月の試合では階級を上げRISEランカーのMASATOと対戦、得意のミドルを多用し大差で判定勝利した。
 対するhayatoはNJKFが主戦場。元NJKFスーパーフェザー級王者・鈴木翔也やランカーの牛若丸を下し“NJKFキラー”と呼ばれる実力者だ。今年3月にはJ-NETに初参戦し、判定勝ちで初陣を飾った。

 SHUNが連勝で2017年を終わらせるのか?hayatoがNJKFに続きJ-NETキラーの名も手にするのか?

ベテラン笠原(左)が得意のヒジ有りルールで、J-NET新参の剣闘士(右)を迎撃

 また、J-NETWORKスーパーフェザー級5位の笠原淳矢(フォルティス渋谷)が参戦。同級10位で元GLADIATOR武士道キックライト級王者の、剣闘士“俊”(K-1ジム総本部チームペガサス)と対戦することが決定した。

 笠原はかつてタイトルマッチも経験したベテランの40歳で、2011年に一度引退したが2014年2月に復帰。近年は階級をライト級へ上げ、現在はMuayThaiOpenライト級3位にもランキング入りしている。7月にはJ-NETWORKライト級6位のまさきラジャサクレックと対戦。判定負けを喫し今回が再起戦となる。
 対する俊は大阪府出身の31歳。小学生の頃に空手を始め、のちにキックボクシングに転向。KrushやBigbangで戦績を重ねてきた。J-NET初参戦となった9月大会では佐藤正和からダウンを奪い判定勝利。ランキング入りを果たした。

 笠原が経験の差を見せつけ再起戦を勝利で飾るのか?俊がベテランを下しランキング上位に食い込むのか?

 <追加対戦カード>

▼スーパーフェザー級 3分3R※肘有り
SHUN JANJIRA(JANJIRA GYM/J-NETWORKスーパーフェザー級4位)
vs
hayato(FOKAI JAPAN)

▼60.5kg契約 3分3R※肘有り
笠原淳矢(フォルティス渋谷/J-NETWORKスーパーフェザー級5位 MuayThaiOpenライト級3位)
vs
剣闘士“俊”(K-1ジム総本部チームペガサス/J-NETWORKスーパーフェザー級10位 元GLADIATOR武士道キックライト級王者)

▼J-NETWORK 2017 ウェルター級新人王トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1※肘無し
雑賀弘樹(亀の子道場)
vs
YUYA(DUROファイティング&フィットネス)

【大会・チケット情報】 12・10 【夜の部】J-NETWORK「J-NEXUS 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~NIGHT」

 

新着情報




TOP > ニュース