TOP > ニュース

【Krush】松岡力が初参戦で渡邊俊樹と対戦

2017/11/28(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

初参戦の松岡(左)が渡邊(右)と対戦。第一戦でインパクトを残すことが出来るか

 2018年1月27日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.84』の記者会見が11月28日(月)都内にて行われ、追加対戦カードが発表された。松岡力(K-1ジム五反田チームキングス)vs渡邊俊樹(優弥道場)のKrush初参戦同士が対戦する。

 松岡は新日本キックボクシング協会の日本ウェルター級ランカーとして活躍。次期エース候補とまで言われたスーパーホープが参戦する。「初めてKrushに出させてもらうので、KOで勝利できたら一番いいなと思います」と挨拶し、「自分はあまり練習するのが好きではなかったのですが(苦笑)、気持ちを入れかえて夢だったK-1のジムに移籍することになりました」とK-1ジム五反田所属になった経緯を説明した。

 Krushについては「今一番波に乗っていて華やかなリングだと思っていたので、いつか(Krushのリングに)立ちたいと思っていました」と話し、対戦相手の渡邊については「正直に言うと映像も見たことなくて名前も知りません。僕は対戦相手を研究するタイプじゃないので、誰が相手でも同じ戦い方をします」という。

「次の試合は何が何でも勝って、今は同門の久保優太さんがベルトを持っていて久保さんとはやりたくないですが、いずれK-1のベルトに絡んでいきたいです。僕のことを『誰や、こいつ?』と思っている方もいると思いますけれど、レベルはいけてる方やと思うのでこれからトップに絡んでいきます」と意気込む。

 対する渡邊はKHAOSやK-1プレリミナリーファイトで試合を行ってきたが、Krushには初参戦。「Krushにはセコンドで入らせていただくことがあって、どの試合も激しくて興奮するリングです。特に-67kgは大激戦区ですがワクワクしています」と語り、対戦相手の松岡のことは「おおっ!て感じでした。何でも出来る選手で良い選手だなと思います」と評した。

 そして「来年3月にK-1がさいたまスーパーアリーナで大会をやるので、そこに絡んでいけるように魅せていきたいと思います。次の試合でも最高のパフォーマンスを見せます」と飛躍を誓った。

今回の会見でもオレ様ぶりを発揮した松下(左)と細越(右)が対戦

 松下大紀(NPO JEFA)は細越貴己(K-1ジムEBISU小比類巻道場)と対戦。松下はデビューから7戦目まで快進撃を続けるも小宮由紀博左右田泰臣らに敗れて3連敗。再起を懸ける今回の試合について「みなさんが思っている通り、この試合は僕が勝って当たり前の試合なので、しっかりKOする。ボコボコにします。ここから全部KO勝ちして、来年か再来年にはベルトに絡めるように頑張る。今年は勝てずじまいだったけど、ここから連勝街道まっしぐらでベルトに近づく」と豪語した。

 対する細越は「みんな松下選手が勝つ、勝って当たり前と思っていて、僕は失うものがないと思われるかもしれませんが、僕は年齢も年齢なので負けてすぐに気持ちを戻すのは難しいです。新年一発目でチャンスをいただいて、それを生かせる人間なのか。生かせない人間なのか。僕自身恐怖でもありますが、今は楽しみです。この一戦に勝てば次が見えてくると思うので、今はこの一戦のことしか考えられません」と松下撃破を誓った。

<決定対戦カード>

▼Krush -67kg Fight 3分3R延長1R
松岡 力(K-1ジム五反田チームキングス)
vs
渡邊俊樹(優弥道場)

▼Krush -65kg Fight 3分3R延長1R
松下大紀(NPO JEFA)
vs
細越貴己(K-1ジムEBISU小比類巻道場)

●編集部オススメ
・王者ピケオーの防衛戦の相手は山内佑太郎
・耳が聞こえなくても格闘技の王者になれる、郷州が伝えたいメッセージ

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース