TOP > ニュース

【RISE WEST】WMC強豪・秀翔やNJKFからの刺客・雄一が襲来

2017/11/30(木)UP

地元福岡の雄・有松朝(右)は大分から乗り込んでくる秀翔(右)を迎え撃つ

 12月17日(日)アクロス福岡イベントホールにて開催される『RISE WEST.9』の主要対戦カードが決定した。

 PRINCE REVOLUTION-55kg王者でWMC日本スーパーバンタム級3位の秀翔(PRINCE KC)と、RISEバンタム級6位で地元福岡の雄・有松朝(リアルディール)が対戦する。

 秀翔はRISE初参戦で、昨年12月にはWMC日本初代スーパーバンタム級王者決定戦で渡辺優太と激闘を繰り広げた強豪。所属ジムが主催する大分のキックボクシング大会『PRINCE REVOLUTION』の王者である。
 有松はここ最近は強豪選手に連敗中であり、今年最後の地元試合で挽回を狙いたいところだ。

 昨年のJAPAN CUP(アマチュア打撃格闘技日本一決定戦)王者であるKENTA(HAYATO GYM)がRISE WESTに初参戦し、地元選手の清水将海(リアルディール)と対戦する。

 KENTAは宮崎県出身で、プロになり九州で初凱旋試合。勝って錦を飾れるか。
 清水もアマチュアでは昨年のKAMINARIMON全日本大会で準優勝している実力者。アマチュア強豪どうしの対戦となる。

NJKFランカーの雄一(左)を売り出し中の小崎(右)が迎える

 NJKFスーパーバンタム級5位の雄一(TRASH)と、これも地元・リアルディール勢の小崎貴誠(リアルディール)が対戦する。

 雄一は広島からの初参戦。ここ1年ほどはNJKF上位ランカー同士の試合や、アウェイのシュートボクシングとはいえ勝ち星に恵まれていない。ここで勝って勢いをつけたいところだ。
 小崎は『RISE WEST.8』でバンタム級ランカー津田鉄平をKOで下し、10月のディファ有明大会では村山智耶から勝利と勢いに乗っている選手だ。リアルディールの牙城を守れるか。

【大会・チケット情報】 12・17 RISE WEST実行委員会「RISE WEST.9」 

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース