TOP > ニュース

【ボクシング】メイウェザーがまた復帰か?51戦目を思案中

2017/11/30(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

50戦目となったマクレガー戦で「本当に引退」と宣言したメイウェザーだが(photo=DAZN)

 ボクシングで五階級制覇を成し遂げ、この8月に復帰してUFC二階級制覇のコナー・マクレガーと対戦し、10RにTKO勝ちを収めて戦績を50戦全勝としたフロイド・メイウェザー(40=アメリカ)。このマクレガー戦で1億ドル(100億円以上)と言われるファイトマネーを稼いだメイウェザーは、試合後リング内でのインタビューで「これは1試合だけの復帰戦で、今後俺は永久に引退する」と明言していた。

 だが、彼が再度復帰する可能性があると、アメリカの複数のメディアが報じたのだ。その1つ、『TMZスポーツ』によれば、メイウェザーは友人たちに、51戦目の試合をしようか考えている、と話しているという。まだ公式には何も決まっていないが、メイウェザーはマクレガー戦後もジムで熱心に練習を続けており、11月20日には、サンドバッグ打ちをしている練習動画をInstagramにアップした。

自身のInstagramに練習風景の動画をアップしたメイウェザー

 相手としては、マクレガーとの再戦も考えられるし、他のトップボクサーとの対戦も考えられるが、元WBA・IBF世界スーパーライト級スーパー王者のアミール・カーン(30=イギリス)とはやらない、とメイウェザー本人が明言している。

 カーンは何年も前からメイウェザーに挑戦を表明しているが、メイウェザーは日刊『スター』のインタビューに応え、「別に新しい話じゃないね。どのボクサーも俺と戦いたがってる。勝っても負けても大金が手に入るからな。だが、俺はファンにとってグレート・ファイトになる相手としかやらないよ」とカーンの挑戦を一笑に付している。

 前回のマクレガー戦でメイウェザーは、それまでロッキー・マルシアーノ(1923-1969、アメリカ)とタイだった49戦全勝という無敗記録を50戦全勝として、ボクシング史上最多無敗記録の単独首位となった。だがマクレガーがプロボクシング・マッチは初めてだったことで、「デビュー戦の選手を相手に勝って新記録というのはおかしい」という批判も受けている。そんなこともあって、もう1勝を挙げたいという気持ちになったのかもしれない。

 はたして、メイウェザーの再カムバックはあるのか。

●編集部オススメ
・世紀の一戦はメイウェザーがマクレガーに10RでTKO勝ち
・メイウェザーvsマクレガーにアリスター、那須川天心らがコメント

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース