TOP > ニュース

【ROAD FC】松井大二郎をKOしたキムが新CEOに就任

2017/12/01(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

現役のファイターでもあるキム・デファンがROAD FCの新CEOに就任した

 韓国のMMA団体『ROAD FC』の新CEO(最高経営責任者)に総合格闘家のキム・デファンが就任した。同団体は2010年にジョン・ムンホン氏によって創設されたが、この11月29日にムンホン氏がCEOを辞職し、翌30日にキムが新CEOに指名されたのだ。

 キムはウェルター級とミドル級で活躍中の現役選手で9勝1敗、現在7連続KO勝ち中という戦績を誇る。最近の試合は今年10月29日に大阪・世界館で開催された『Wardog Cage Fight 15』(2014年に旗揚げされた大阪を拠点とするMMAイベント)での初代ミドル級王座決定戦で、かつてPRIDEなどで活躍した松井大二郎と対戦し、1R1分51秒、壮絶な左フックでKO勝ちして王座を獲得している。

 キムはまた、多くの人気テレビ局で13年間にわたって格闘技番組の解説者を務めており、“コメンテーター”(解説者)のニックネームを持つ。自分で試合に出るだけでなく、ジムを開いて国内外の選手の育成や指導にも当たっており、韓国での総合格闘技の普及に長年尽力してきた。

CEOを辞任した、日本でもおなじみのROAD FC創始者ジョン・ムンホン氏

 前CEOのムンホン氏は「私がROADを創設した時、私の教え子たちや若い選手たちがずっと戦い続けられる場所を創りたいと思いました。外的要因によって倒産したりせず、自力で運営できるプロモーションを創りたかったのです。いまやROADは世界的な団体となり、潰れることなく進化し続けるでしょう。私はキム・デファンが、このアジア随一のMMA団体のかじ取りをしっかりして、さらなる成長をさせてくれるだろうと確信しています」と、キム新CEOへの期待を述べている。

 新CEO就任セレモニーは、12月23日(土・現地時間)に韓国・ソウルのグランド・ヒルトンで開催される『ROAD FC 045 XX』の試合後に行われる。なお、同大会のメインでは、日本でもおなじみの元UFCファイター、ハム・ソヒvs元INVICTAファイター、ジンユー・フレイの美女対決が組まれている。

●編集部オススメ
・カンフーパンダが復帰戦の藤田和之を初回TKO粉砕
・世志琥の3度目の総合格闘技参戦が決定

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース