TOP > ニュース

【J-NETWORK】元WPMF王者・清水武を暫定王者・笹谷淳が迎え撃つ

2017/12/07(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

 

J-NET暫定王者・笹谷(右)が元WPMF王者・清水(左)と対戦

 2018年3月4日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『J-KICK 2018~1st~』の追加対戦カードが発表された。

 J-NETWORKスーパーウェルター級暫定王者・笹谷淳(42=Team COMRADE)が、初代&第3代WPMF日本スーパーウェルター級王者・清水武(30=sbm)と対戦する。

5月のスーパーウェルター級次期王者挑戦者決定戦で空道王者の加藤智亮(左)に勝利した笹谷(右)

 笹谷は2010年に行われたJ-NETWORKウェルター級王座決定戦で同王座を獲得するも、翌年の防衛戦で敗れ初防衛に失敗。その後スーパーウェルター級に階級を上げ、昨年10月J-NETWORK同級タイトルマッチに臨むも北斗拳太郎と流血ヒジ合戦の末に判定負けを喫した。今年5月には北斗への挑戦権を賭けて空道王者の加藤智亮と対戦。僅差の判定勝ちで再度挑戦権を手に入れたが、北斗の王座返上により暫定王座に就いた。

 対する清水は2007年6月にプロデビューし、2011年6月にWPMF日本スーパーウェルター級王座に就いた。ローキックを武器に粘り強いファイトが身上。

11月に 『TOYOTAリーグ』王者パカオダブポン191(右)にKO勝利した清水(左)

 7月のムエタイオープンで約3年ぶりに復帰し、11月には元ラジャダムナンスタジアムのランカーでタイのTOYOTAがスポンサーに付く大会『TOYOTAリーグ』のスーパーウェルター級王者・パカオダブポン191を2RKOで下している。J-NET参戦は2012年2月以来約6年ぶりとなる。

 再度ベルトを手にした笹谷が一回り以上年下の清水にベテランの洗礼を浴びせるのか。それとも清水が暫定王者の笹谷を下し、J-NETタイトル戦線に躍り出るのか。

●編集部オススメ
・元WPMF王者・清水武、ヒジで元ラジャランカーをKO
・北斗拳太郎と流血ヒジ合戦を演じた笹谷

<決定対戦カード>

▼69kg契約 3分3R※ヒジあり
笹谷 淳(Team COMRADE/J-NETWORKスーパーウェルター級暫定王者)
vs
清水 武(sbm/初代&第3代WPMF日本スーパーウェルター級王者)

 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース